WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

30歳未経験でも独学でWEBデザイナーになることができる勉強と就活テクニック

30歳未経験で独学でWEBデザイナーになる

独学で勉強をしてWEBデザイナーになることができるかはその人の現在の状況と勉強に当てることができる時間によって異なります。WEBデザイナーになるためにやるべきことは以前のエントリ「未経験者がWEBデザイナーとして採用されるまでの具体的な勉強方法」とか変わりませんが、独学という点のフォーカスを絞りどのようにすればWEBデザイナーとしての採用水準までたどり着けるか、現役のWEBデザイナーであり採用担当でもあった立場から考えます。当然年齢制限のデメリットがない20代でも使うことができるテクニックです。

30歳からで独学でWEBデザイナーになるなら勉強は最低限にする

まずかなり厳しい状況であることは理解してください。社会人で働いているならば勉強時間は限られます。この年令からWEBデザイナーになることに必要な考え方はWEBデザインの勉強をするのではなくWEBデザイナーになるという考え方です。WEBデザインはゴールも無ければスキル評価も数字で現れることがないので手段が目的化しやすい分野です。

勉強せずにWEBデザイナーとして採用をしてくれる企業があるならばそこに入るに越したことはありません。実務でWEBデザインができるのであれば自動的にスキルは磨かれていきますので、機を見て待遇の良い会社に転職すればいいからです。WEBデザイナーとしてギリギリの合格水準になるための勉強をして必要のないものはすべて切り捨てる割り切りが必要です。

お金がに余裕があるならベストなロードマップは「30歳未経験。それでもWEBデザイナーになりたい人は「最短」を意識すること」をおすすめします。こちらは正社員や派遣社員として会社を選べるレベルの勉強方法です。

最初にHTMLとCSSの勉強を始める

これは30歳未経験の人限定の考え方です。WEB制作現場はPhotoshopと使わなくてもHTML / CSSでの編集作業は必ずあります。Photoshopとコーディング技術のどちらかを選ぶとしたらコーディング技術の方が間違いなく仕事の量と需要があります。

Photoshopの技術はある程度の時間をかけないと実務として使い物いなりません。低品質なデザインしかできない人と、全くできない人の扱いは一緒です。対してHTMLとCSSのコーディングは暗記とパターンさえ覚えてしまえば誰でもそれなりのパフォーマンスを出すことができます。

同じ勉強時間をかけるならコーディングの方が実務対応にかかる時間が短いので、勉強に時間がかけられない30歳の未経験でWEBデザイナーになりたい人はコーディングに集中するほうが良いでしょう。

WEBデザインの勉強に必要な素材

お金をかけずに独学で勉強するならばこれが最低限必要です。

Dreamweaver

dreamweaver

コーディングはSublimetextのような無料でも使用できるテキストエディタがありますが、実務ではDreamweaverのシェアが高く、業界基準であることは間違いないので、「Dreamweaverで作品を作った」という実績を出すために必ず使ってください。

最終的にはAdobeソフトをたくさんしようしますので、Adobe Creative Cloudを使用しましょう。WEBデザイナーとしてやっていくと決めているのでしたら自分の逃げ道を塞ぐ年間契約がお得です。


Dreamweverの参考書1冊とHTML5 / CSS参考書1冊

Dreamweaverは高機能のアプリケーションなので、初心者は参考書がないとまともに扱うことができません。初心者用の参考書を1冊購入して見るだけではなくすべての操作を実行して下さい。実際の現場ではDreamweaverはコーディングとファイルのアップが全体のほぼ9割の作業ですので、参考書1冊の操作知識があれば「Dreamweaverを使えます」といっても大丈夫です。

次にHTMLとCSSの参考書。参考書に書いてあるサンプルコードをDreamweaverに打ち込んで暗記してください。どのコードを使うとどのように表示されるのかという経験ベースの勉強の仕方が最短です。英単語を覚えるために言葉を発しながらノートに書くのと同じです。


無料オンラインのプログラム学習サイト

ドットインストール

オンラインでHTMLとCSSの実際の記述の仕方などを学びます。ドットインストールは実際にテキストエディタにコードを打ち込む動画を見ながらの学習サイトなので、コーディング未経験の人にとってはプロが実際にコードを書く場面がみれる貴重な勉強サイトです。HTML / CSSの参考書での勉強と合わせて使うと効果的です。

ドットインストール

フリー画像を使いWEBサイトを作る

トップページだけをコーディングします。Photoshopは画像の切り抜きだけに使用します。GIMPでも構いません。バナーなどは作らず写真を切り抜いたものを配置していきます。勉強時間のすべてをHTMLとCSSに振ります。重要なのはPhotoshopでデザインすることなく写真素材とHTML/CSSのみでキレイなウェブサイトを作ることです。

Photoshopの作業が要らないWEBデザインを行う
http://www.beoplay.com/

このようなミニマルサイトのデザインをどのようなコーディングであれ再現できるようになりましょう。
動きを表現する必要はありません。レイアウトだけ真似できれば大丈夫です。オリジナルでウェブサイトをデザインするという技術は数年WEBデザインに関わらないと身につきませんし、企業も未経験者にそこまで期待はしていません。

ミニマルでウェブサイトと相性のいいフリーの写真素材サイト

ミニマルデザインにあうフリーの写真素材サイト
http://kaboompics.com/

レンタルサーバーにアップする

レンタルサーバーを契約して制作したウェブサイトをアップロードします。ソフトはもちろんDreamweaverを使用してください。私が採用担当だったときの経験ですが、WEBサイトのダミー作品をポートフォリオに持ってくる子は多いわりに、サーバーにアップするという経験がない子が驚くほど多かったです。

ウェブサイトをサーバーにアップする手順もDreamweverの参考書に掲載されていますので安心してください。

WEBサイトの目的は制作したウェブサイトをサーバーにアップして売上など利益を出すことにあります。ウェブ制作技術とは別に、未経験者ながらウェブサイトを作りサーバーにアップした経験があるというのは採用担当の立場からすると、しっかりと考えていると好印象です。

面接の時に聞かれたらこのように返答ことで、ファイルのアップロード経験のない他の未経験者の募集者と差別化することができます。ウェブサイトをアップロードするだけでいいなら大手の中では最安のロリポップ、WordPressに挑戦しブログをはじめたりとWEBデザイナーとしてスキルアップを目指していくならエックスサーバーがおすすめです。

ロリポップ!

エックスサーバー

ポートフォリオを作成する

紙のポートフォリオのデザイン例

ここで初めてPhotoshopを使用します。GIMPなどのフリーソフトを使ってはいけません。Photoshopの操作経験があるという実績を作る必要があるからです。

参考書を1冊だけ買いましょう。しかし熟読する必要はありません。Photoshopを操作しながら必要な操作を参考書を読みながらこなしていって、ポートフォリオを作ります。

実務未経験のWEBデザイナー志望の人がアルバイトや派遣など、職業WEBデザイナーとして採用されるためにどうしても必要なものがポートフォリオです。 しかし実務経験もなし

業界のプロである転職エージェントに相談しにいく

今までの勉強と作業の流れはほぼこのためにあります。未経験ながらWEBサイトを作った実績があり、ポートフォリオもありますので転職エージェントと面接することができます。WEBデザイナーになりたいのならば、WEBデザインの就職・転職を専門に扱う人に聞くのが一番確実です。自分の思い込みで求人を探すほうが愚策で、ミスマッチを起こし非効率です。

転職エージェントを利用することのメリットは、志望者とエージェントの利害が一致しているところにあります。人材を企業に送り込むことで彼らは報酬をもらっていますので、志望者に対してすべて無料で手厚いサービスをしてくれます。履歴書や職務経歴書の書き方、ポートフォリオの添削から面接練習などすべて無料です。

紹介された求人案件に募集する際も、転職エージェントがあなたの人柄や過去の経歴を含めて企業に売り込みをかけてくれますので採用される可能性が高くなります。WEBデザイナーとしてはギリギリの技術水準なので、面倒ですが登録する転職エージェントも多くすることをおすすめします。基本はWEBデザインやITに強い転職エージェントになりますが、過去の経歴がプラスに働く可能性も高い一般職の中のWEBデザイン部門求人を多く持つ大手の総合型転職エージェントを使用すると採用の可能性は高まります。

IT系に強い転職エージェントと一般職を含む派遣紹介サイト

レバテックキャリア

株式会社ギークリー

ワークポート

イマジカデジタルケープ

マイナビ派遣

紹介された求人はすべて受けること

厳しいようですが業種や会社の体質などを選んではいけません。雇用形態も派遣に引っかかれば御の字です。生活がおくれるギリギリの給与水準ならばすべて面接する覚悟を決めて下さい。WEB制作の現場に入れば独学とは比べ物いならないほどのスキルが身につきます。WEBデザイナーとしての最初の1年は勉強期間と割りきって、スキルが身についていから転職を考えてください。

最初から高望みをすると、せっかくのWEBデザイナーとしての将来を潰してしまします。

面接に落ちたら何が足りなかったのかを考える

採用率はおそらく低いと思います。ただ面接で不採用の結果であっても何を求められているか、どのようなスキルがあれば採用されていたのかのフィードバックは転職エージェント経由でもらうことができます。これも転職エージェントを利用メリットの1つです。

フィードバックをもらえたら色々な採用面接を受けながら勉強して新たなサイトを作ってサーバーにアップロードしてポートフォリオを更新していく。そしてそれを武器にして転職エージェントと相談して新しい採用案件に挑戦していく。この繰り返しです。

最低限の勉強量で多くの企業に挑戦すること

WEBデザインは会社の特質もあり、技術があるからといって採用されるわけではありません。グラフィカルなデザインが好まれる会社もあればミニマルで情報設計がしっかりしているウェブデザインが好まれることがあります。

未経験者はポートフォリオや過去の仕事内容、面接での受け答えなどからWEBデザインとしてどのような方向を向いているのかを判断されます。相性がよい会社であればすんなりと決まってしうこともあります。

30歳未経験ながら独学でWEBデザイナーを目指す人はこのように就職活動をすることが最短に道であると、元採用担当の立場として考えます。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST