WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

30歳未経験。それでもWEBデザイナーになりたい人は「最短」を意識すること

30歳未経験からWEBデザイナーになるためには

30歳に近くなると社会人経験も豊富になり転職を考える機会があります。自分の経歴を活かして同業の企業にステップアップする人もいれば、別の業界にチャレンジする人もいます。WEBデザイナーもその限りではありません。ただ注意するべきことは「技術職」であることです。

30歳でWEBデザイン未経験、それでもWEBデザイナーになりたい人が面接に訪れることは珍しくありません。採用に関わっていた立場としてどうすれば30歳からでもWEBデザイナーとして働けるかをまとめます。

WordPressでウェブサイトが作ることをゴール設定にする

家族を持つ人も多い年齢です。目指すは正社員、次点で派遣社員です。給料も手取りで20万以上は欲しいかと思います。

転職活動を始めるまでにWEBデザインをどのレベルまで勉強するかを明確に決めてください。年齢的な制限がありますので目標を決定して期間を設定しないといつまでだっても面接できるレベルまでたどり着きません。その1つの基準がWordPressで自分のブログやサイトを作ることができるレベルです。1年以内に達成しましょう。もちろんこれにも理由ありますので後述します。

WordPressって何だろう?という方もいると思います。そこまでたどり着くまでの勉強方法を順番にご説明します。

独学ではなくスクールを使用する

ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー

最短で実践的なスキルを身につけるには現在のところスクールに通うしかなりません。理由は講師が現役のWEBデザイナーであったり元デザイン業界の人であったりするからです。Photoshopの操作やコーディング技術はオンラインスクールでも身に付けることができますが、ファイル管理やPhotoshopからDreamweaverに作業を移す時のワークフローなどは経験者に教わるか実際の現場に入らないと身につきません。

直にコミュニケーションをとり、疑問点はその場で解消する。スクールの出す課題をこなしてスキルを上げていくという2つの枠組みがWEBデザイナーとしての技量を最短で向上させます。

スクールに入ることの最大のメリットは人脈な仲間とのコミュニケーションです。講師の方やスクールの就職支援部から企業を紹介されたりポートフォリオの制作指南をしてくれたりします。また同じく未経験ながらWEBデザインの業界に行きたい人たちの集まりですので、独学の不安感に襲われることもありません。

6ヶ月で50万円ほどの受講料が一般的ですが、30歳近くの年齢でWEBデザイナーを目指す現社会人の人ならば出す価値は十分にあります。

スクールで習得するスキル

WordPress(PHP)はオンラインスクールの受講が効率がよい

codecamp
CodeCamp

WEBデザイナーにとっての最初の壁がPHPと呼ばれるサーバー言語と呼ばれるプログラムです。基本的にはシステムエンジニアの領域になりますが、世界基準だと現在制作されるウェブサイトの3割以上はWordPressというCMSとよばれるシステムを使用して作られています。そしてWordPressを作っている言語がPHPです。

スクールでウェブデザインの基礎、特にHTML / CSS / javascriptをある程度理解し、WEBサイトを自分で作れるようになってきたらWordPressの勉強を初める頃合いです。WordpressのデザインはHTML / CSS / javascriptで作り上げたウェブサイトをPHPに組み込むことで動かすシステムだからです。

WordPressでウェブサイトが作れるという実績は、初心者のWEBデザイナーのレベルの遥か上を行きます。テーマと呼ばれるデザインをすべて自分で1から作り上げることができるのであれば即戦力という証明にもなります。

オンラインスクールで習得するスキル

WordPressはPHPとデータベースを使用するためサーバーがないと動きません。レンタルサーバーを借りて逐一アップロードをすることもできますが、作業効率が落ちるため自分のPCの中にサーバーを構築しますこれをローカルサーバーといいます。WordPressの開発には必須の環境です。WindowsならばXAMPP、MacならばMAMPというアプリケーションをインストールすることでローカルサーバーでの開発環境を作ることができます。

自分の持っているスキルを洗い出す

いままでの社会人のキャリア捨てることはもったいないです。たとえば営業をしている人ならば交渉は得意ですしクライアントのニーズを掘り下げることもできますのでWEBディテクターに向きます。、システムエンジニアならばWEBデザインとの相性はよいのでフロントエンドエンジニアとしてを目指せます。

このようなスキルはWEBデザイナーというよりもディレクターに向いていますが、どの仕事でもコニュニケーション能力と提案力というものは求められます。20歳の若いWEBデザイナーではないく、30歳未経験を採用したいと思うとしたら、このような社会人としての力と未経験ならば実践的なWEBデザインを持っていることを重視します。

実践的なWEB制作技術

WEBデザイナーの技術は作品をみればわかります。学生であればみっちりと作りこんだ作品で問題ありませんが、30歳という社会人経験のある人に求めるものは別にあります。それは「提案力」「制作速度」の2つです。

WEBサイトを作る理由は、そうしなければならない理由や問題があるからです。それを解決するためのツールとしてのWEBサイトでありWEBデザインです。かっこいいからクリエイティブのな職業につきたいという志望動機と作業フローが許されるのが学生のみです。

志望する企業に提出するために作成する仮のウェブサイトであっても【なぜ?】ということを意識してください。

このような社会人でしかできない味を出すと採用確立が高まると思います。単純なWEB制作技術よりも、WEBデザインスキルをビジネス視点でどう活かせるかが大事です。

技術習得を最短で行うべき理由

やる気がわかるからです。他業種からWEBデザイナーになるのであれば元々デザイナー職になりたかったか好きだったかの理由があるはずです。人は好きなことをしている時のアウトプットの質が、不本意にやっている作業よりも高くなります。短期間でスキル習得をすることほどわかりやすい証明方法はありません。

30歳であっても1年でWordPressを使用してのウェブサイト構築ができるようになった実績を持ってこられると、こちらとしてもポテンシャルに期待をせざるを得ません。純粋にWEBデザイナーとしての期待値も高ければ、ディレクターなどの管理・折衝の領域へのシフトも期待できますので配置の自由度もあります。もちろん本人がWEBデザイナーにこだわるのであれば、その意思は面接で突き通すべきです。

ポイントは最短・実践的

以上の理由で多少の金額は覚悟でWEBデザインのスクールに通い、WEBサイトの実践的な運用方法であるWordPressでウェブ構築を最短で取得することをおすすめします。同時に自分の社会人経験のスキルを棚卸ししてWEBデザインに利用できるところは徹底的に利用する。

準備が整えばスクールの就職支援や転職サイトを利用してWEBデザイナーとして転職活動を行いましょう。このレベルであればWEBに強い転職エージェントでもしっかりと対応してくれますので、自分の市場価値を知る上でも一度面接してみるなどしてどのような求人が案内されるかのリサーチをすることも転職成功の1つの鍵です。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST