WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBディレクターの仕事って何?WEBデザイナーから有利に転職するために知っておくべきこと

WEBディレクターになる
WEBデザイナーからのステップアップの1つとしてWEBディレクターは有力候補にあがります。多くの企業がWEBデザイナー出身のWEBディレクターを求めています。しかし当のWEBデザイナー本人はディレクターの仕事を知っているのでしょうか。

特に技術系であるデザイナーからディレクターに転職する際は自分の立ち位置をしっかり持っておかないと企業とのマッチングに失敗し転職の成功確率が低くなりますので、どのようのはWEBディレクターになれるのか、なりたいのかを考えましょう。WEBデザイナーがディレクターになるために必要な知識と転職方法をまとめます。

すべてのWEBディレクターに共通するスキルは「調整力」

わかりやすく説明すると、クライアントからホームページやWEBサービスの開発受注から納品までの企画設計・制作・納品・運用までの進行をスムーズにするために各所を奔走して調整を行う仕事です。よって仕事に決まったフォーマットを持ちません。

多くのWEBディレクターが自分の得意分野と独自のスキルセットを軸にしてオリジナルの運用方法を持っています。例えばWEBデザイナー出身のディレクターはデザイン面のスケジュールに関して短い時間で精度の高いものを組めます。その分クライアント折衝やプログラム開発の打ち合わせや要件定義に時間をかけることができます。

WEBディレクターはスキルのパラメーターを持っている

WEBディレクターの得意分野
RPGゲームでレベルが上がるとパラメーターを自由に増やせるタイプのものがありますね。WEBディレクターはそのスタイルです。パラメーターの総合点でデザインより、システムより、営業寄りのディレクターになります。弱点を補うように仕事をしていくのか、強みをひたすらに伸ばしていくのかの方向を自分で決められることも似ています。

WEBディレクターの種類

WEBディレクターは大きく分けて4つの種類があります。自分がWEBディレクターに転職するとしたらどこに属するのかを知ることが最初の1歩です。自分の経験やスキルを考えずに的はずれなディレクターの求人に応募しても採用されませんので深く考えて答えを出して下さい。

WEBデザイナー系のディレクター

WEBデザインのスキルをもったディレクターです。多くの場合デザイナーのリーダー格がステップアップとしてWEBディレクターを選ぶことが多いです。WEBデザイナーとしての十分なスキルを持っているためデザイナーへの指示や工数の割り出しに関しては抜群のマネジメント能力を持ちます。

システムエンジニアの系ディレクター

システムエンジニア出身のWEBディレクターです。プロジェクトリーダーが兼任することもあります。WEB開発現場においてプログラムによる実装は最終工程になるため「ここまでにデザインが仕上がれば、どのくらいでリリースできる」といったスケジュールを逆算しやすいからです。

複雑な設計になるWEBサービスでは工数の見積もりが難しいためシステムエンジニア系のWEBディレクターが社内の指揮を執ることが理想です。

こちらはデザイナーから上がってきたものを実装してリリースするまでのマネジメントが得意です。実装している最中のHTMLやCSSをデザイナーに差し戻すことも頻繁にあるので、簡単なデザイン知識は必要になります。

営業・折衝系のディレクター

内部折衝(開発現場)に関しては厳しい評価になりますが、それを補ってあまるほどの社外折衝のスキルが飛び抜けています。クライアントと契約を結ぶまでのスキームを作るのが一番上手いので直接的に会社に利益をもたらすことができます。

反面クライアントの要望が可能か不可能かのジャッジができないため、開発現場と揉めることがあります。最悪の場合クライアントの要求を達成するためには作業工数を増やすことになり、赤字になることがあります。そうならないためにデザイナーやエンジニアと密なコミュニケーションを取る必要があります。

企画・商品開発系のディレクター

提案力と企画力に優れているため満足度の高いWEBサイトやサービスを開発することができます。クライアントの心を掴むことができるので社外折衝に向いています。

面白いサービスや戦略を練ることができますが、それが技術的に可能かどうかやどのようなデザインが適切なのかといった具体性に落としこむ経験が不足しているためデザイナーやシステムエンジニアとの調整に時間がかかります。

開発現場で異なるWEBディレクターの仕事内容

大きく分けて2つあります。社外折衝を含むディレクションをするディレクターと、社内折衝のみを行うディレクターです。社外折衝を含むWEBディレクターは営業出身や企画出身の方の得意分野です。クライアントと契約するまでの提案力やプレゼンテーション能力に秀でています。

対して社内折衝に特化したWEBディレクターはデザイナー出身・システムエンジニア出身の人の得意分野になります。開発現場とのコミュニケーションが円滑に行えること、WEBディレクター自信がデザイン・開発において現場の平均以上のスキルを持っているために周りからの信頼感も厚いからです。

共通して必要になるのがお金を扱うスキルです。必要に応じて外注をすることも考えられるので開発予算でもっともパフォーマンスを出すための戦略はどちらのWEBディレクターにも必要になります。

WEB制作現場のディレクターの具体例

WEBディレクターの主な仕事

  1. 営業・問い合わせ対応
  2. ヒアリング
  3. マーケティング
  4. コンセプトイメージ制作
  5. コンテンツ企画(サイトマップ・ディレクトリマップ)
  6. 情報設計(インフォメーションアーキテクト)
  7. システム仕様の策定
  8. 見積もり制作
  9. 提案・プレゼンテーション
  10. 制作受注
  11. 要件定義(詳細スケジュール含む)
  12. 制作チームのアサイン
  13. クオリティコントロール
  14. 検収
  15. 納品
  16. 運用

全体の進行管理を行うのがWEBディレクターの仕事です。受注するまでは営業系・企画系が強く、制作はデザイナー系、エンジニア系が強いです。このことから社内折衝のみのWEBディレクター求人はデザイナー・エンジニア出身の需要が多いのがわかると思います。

逆にクライアント折衝に重きを置いているWEBディレクター求人は営業や企画出身の需要が高くなります。社外・社内のすべてを行うWEBディレクターは営業出身・開発出身どちらが適しているということはありません。すべてのWEBディレクターで同一条件で会社によります。

WEBディレクターの調整力

プロジェクトを達成するために指揮を取ります。私の経験からディレクターにもっとも求められる技術は【誰が】【何を】【いつまでに】やるのかという調整です。

社内ディレクション

開発チームのデザイナーやディレクター、営業とコミュニケーションを取り作業がスムーズに進行できるための段取りを行います。インフォメーションアーキテクトには「KPIは問い合わせ数です。情報設計をお願いします。」システムエンジニアには「問い合わせフォームの開発をお願いします。バリデートでアドレスの2重チェックをお願いします。」デザイナーには「問い合わせページはランディングページで作ります。レスポンシブデザインでお願いします」

このようにプロジェクトを達成するために必要な作業の指示を行います。

社外ディレクション

WEBディレクターが社外交渉でもっとも気をつけなければ言えないのが「具体化」です。クライントのゴールとしている目的に対してどのようなことができるのかの提案をします。それに対する返答を具体化しなければなりません。

「ターゲットは若いからキラキラ感を出したい」といったクライアンの要望をそのまま開発現場に持ち帰ると現場が混乱します。ページ全体がキラキラしているのか、バナーをキラキラするのか、そもそもキラキラってなんだろう。作業をすすめることが出来ずにもう一度クライアントに確認をとらなければならなくなります。

営業や企画出身ならば「色はどのような感じですか」「若い女の子の写真を使うとうことでしょうか」という質問が投げられますし、デザイナー出身ならば「フォントは明朝系ですか?」「ソフトトーンを基準にアクセントでビビットカラーですね」という要件の枠組みを決めてしまうこともできます。

このようにクライアントの要望を具体化してデザイナーとシステムエンジニアがすぐ作業に入れる段取力がWEBデザイナーには求められます。

WEBディレクターが使うコミュニケーションツール

クライアントとの打ち合わせや社内ディレクションなど多くのステークホルダーと連絡を取るために多くのツールを使用します。基本的にはメールを使用しまうが、相手がいつ確認するかわからないため、レスポンスが遅かった場合は電話をすることがあります。

IT企業やWEB製作会社のような会社全体でITリテラシーが高い会社ではSlackやGoogleハングアウト・Skypeを使いリモート会議を行います。作業のボトルネックになっている作業はチェックしておかないとプロジェクト全体の進行が止まってしまうためこまめにコミュニケーションを取らなければなりません。

WEBデザイナーのスキルを活かしたディレクション能力をアピールする

もっとも期待されるのは社内折衝と開発スケジュール管理です。アピールスべきは自信のWEBデザインスキルと開発現場でのマルチな経験です。WEBサービス開発でWEBデザイナーをやっているならばシステムエンジニアとのコミュニケーション手法や業務改善の経験などの実績があるとよいでしょう。

Javascriptが書けるフロントエンドエンジニアであればWEBデザイナーとシステムエンジニアの中間に属してることから両者への深い理解があることからWEBディレクターとしての需要は非常に高く、フリーランスの仕事でも高単価に設定されています。

WEBディレクターはプロジェクトの進行管理が主な仕事のため、どのような形であれ現場に携わったことのある経験者にしかできない仕事です。仕事の幅がひろく、様々なディレクターがいるため企業とのマッチングが難しいとも言えます。

WEBデザイナーからWEBディレクターへの転職を考えている人の場合、デザイナーとしての技量や経験は十分でしょうから転職サイトに登録することでスカウトがたくさんきます。企業からのアプローチで自分とのスキルマッチングを図るのがWEBディレクターとしての自分の特性を知る簡単な手法です。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST