WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

アルバイトのWEBデザイナーから派遣社員になり給料が2倍になるためにしてきたこと

アルバイトWEBデザイナーから派遣社員になる

WEBデザイナーのスタートはアルバイトの時給900円でしたが、派遣社員になることで時給が2000円になりました。そして派遣社員として大手企業のウェブデザインをすることでスキルが一気に伸びました。私の経験からすると時給1000円程度のアルバイトを長期間続けることは金銭的な面でも、スキルアップの面でもおすすめしません。必要なスキルを中得したらすぐに派遣社員や正社員を目指して転職活動をしたほうがよいでしょう。

私がアルバイトのWEBデザイナーから派遣社員になるまでにしてきた活動をご紹介します。

アルバイトをしながら自分でもWEBデザインの勉強をする

時給900円のアルバイトは楽天のECサイトの保守でした。商品ページを更新したりすることが主な仕事で時々特集ページを作るのみです。毎日ウェブデザインをする環境でしたから最低限のデザインスキルと、WEB制作現場仕込みのHTML+CSSのコーディング技術は上がりましたがウリとなるスキルはありませんでした。

そこでWordPressを勉強してなんとか自分でテーマを作ってブログの運営を始めました。テーマは趣味である登山の活動記のようなものです。javascriptはあまり勉強することはありませでした。フリーのjQueryをHTMLに組み込んでカスタマイズする程度のレベルです。

ポートフォリオを作成する

印刷用のポートフォリオ

楽天のECサイトで作ったバナーや特集ページ、自分のWordpressのブログでポートフォリオを作りました。今思うとあまり派遣の採用担当者は見ていなかった気がします。やはりWordPressで位置からウェブサイトを企画・デザイン・リリース・運用という一通のウェブサイトを独力で作り上げたことの方が評価が高かったと思います。

WEBデザイナーがはじめて転職をするとき、一般的な会社員とは決定的に違うものが1つあります。それが自分の実績と作品を載せるポートフォリオです。WEBデザイナーの転職を成功させたいな

派遣会社に登録して担当と面接をする

それなりの数の派遣会社に登録してよさ気な案件に目星をつけ履歴書を書いて面接に行きました。担当者と面接をして今までのアルバイトでしてきたことや、作成したポートフォリオを見てもらいながら持っているスキルを説明していきます。面接が終わったら担当者の方が私のスキルに合わせた派遣先の案件を数軒持ってきます。これはどの派遣会社・転職支援会社でも同じです。

正直なところ時給1200円くらいなところのどこかに引っかかればよいと思っていましたが、1つのWEB専門の派遣会社から時給2000円の案件を紹介しました。実際は1800円での求人でしたが私とのマッチング精度が高いこと、先方が急いで人員を確保したいということが重なっての提案でした。

その派遣先は大手WEBサービス会社でのフロントエンドエンジニアの案件でした。システムエンジニアがPHPを扱っていたためWordPressのテーマをギリギリ自作できるレベルですがPHPファイルを扱ったことがあるという実績が良かったらしいです。この時点で担当者の方からは90%以上の確立で受かると言われました。

派遣会社によって持っている案件はかなり違います。WEBデザイナーとしてのスキルアップを目指したいならWEB系に強い専門の派遣会社がマッチング精度が高いことは間違いあありません。しかし大手の派遣会社もびっくりするような1部上場企業の派遣デザイナーの案件を持っていたので、人によっては目標としていた企業が見つかるかもしれません。1社くらいは大手の派遣会社に登録しておいて損はありません。

ウェブ系に強い派遣・転職会社

株式会社ギークリー

ウェブスタッフ

マイナビ派遣

インテリジェンスの派遣

派遣先の担当者と面接する

ポートフォリオとノートパソコンを持って面接に行きました。履歴書などは派遣会社で使用したものと同じものを使用します。正社員採用とは違い派遣社員は派遣会社と労働契約を結ぶので、志望動機も基本的には必要ありません。派遣会社から紹介された程度の認識で十分です。もちろんデザインに対する考え方などは派遣先の企業と合わせる必要はあります。アドバイスは派遣会社の担当者からもらえますので自分で考える必要はありません。

面接には紹介してくれた派遣会社の担当の人も一緒に来てくれました。面接ではポートフォリオを元に自分の実績を見ながら、自分はコーディングの速度が早いことやHTML+CSSに加えてjavascriptのカスタマイズやWordPressでブログ運用はできるレベルのWEBデザイナーであることを説明しました。

採用、そして勤務開始

面接が終わって30分後に採用の連絡が来ました。派遣先の採用担当社と派遣会社の人が別室で5分くらい話していたのでその時に決まっていたのだと思います。仕事始めは採用通知から4日後でした。こうして時給900円のアルバイトから時給2000円の派遣フロントエンドエンジニアへのキャリアアップに成功しました。

初めて派遣会社に行ってから1週間以内に決まったことから、派遣としてのウェブデザイナーが欲しい企業はたくさんあるのだと感じました。今はフリーランスとして困っているWEB開発現場に助っ人としてデザインやディレクションで入る立場ですが、現場を見ていると現在の方が派遣での現場常駐型のWEBデザイナーやフロントエンドエンジニアは必要じゃないかと思います。

WEB上に掲載できる作品があるならばスカウトを待つこともできる

facebok連動WEB専門スカウトアプリswitch
Facebookを利用した転職アプリ『Switch.』

私が派遣社員をしているときはこのようなサービスはありませんでしたが、バイトデザイナー時代につくった作品をまとめたポートフォリオやWordPressで作ったブログがあればfacebook連動のサービスに登録することで企業からの直のスカウトをもらうことができます。これは正社員としての求人ですが登録してスカウトを待つだけなので、もしかしたらアルバイトから一気に正社員になれるかもしれません。Facebookをしている人ならば登録も簡単です。

アルバイトをやめて派遣社員になろうと決めたなら同時にこのようなサービスにも登録しておくと転職活動が捗ると思います。

Switch. 転職を検討しているWEBデザイナーやディレクターの人も、負担の仕事をしつつ求人サイトを巡ったり転職エージェントとやり取りするのは大変です。WEB系の仕事を

アルバイトデザイナーは自己評価が低い

身をもってしたことですが、自己評価で時給1200円くらいかと思っていたら市場価値だと時給2000円でした。未経験でアルバイトでWEBデザイナーとして楽天ECサイトの保守をして1年間で現場のワークフローを覚えてWordPressでブログを作った程度のレベルです。

現在アルバイトや低価格帯の派遣でWEBデザイナーをやっている人は自分の作品をまとめて市場価値を出してくれる派遣会社や転職エージェントに相談に行ってみると良いかと思います。金銭的なことは置いておいてもレベルの高いデザイン現場に入ると、バイトでもスキルが急成長したようにデザイナーとしての成長するチャンスです。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST