WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

派遣社員のWEBデザイナーから転職して正社員デザイナー採用されるまでに行ったこと

WEBデザイナーの正社員への転職

アルバイトのWEBデザイナーから始まり、派遣のフロントエンドエンジニアを経て3回前のステップアップで正社員のWEBデザイナー(フロントエンドエンジニア)に転職しました。未経験で初めてWEBデザインの業界に踏み込んで3年目です。アルバイトが1年、派遣が2年経験しました。

正社員のWEBデザイナーとして就職のは今までのバイトや派遣とは違いかなりの準備と時間がかかりました。これから転職をする人、派遣やアルバイトから初めて正社員のWEBデザイナーに挑戦する人が、最短で就職にこぎつけるように行ってきたことをまとめます。

どんなWEBデザイナーになりたいかキャリアパスを考える

まず今までのWEBデザイナーの経験を総括してどのようなデザインをしてきたいのか、将来の方向としてディレクターやプロデューサーなどの管理職も視野にいれているのかを掘り下げます。将来設計はかならず面接で決まれますし、マッチングしない企業は絶対に採用しません。特にアルバイトしか経験のないWEBデザイナーの人はデザイナーとして無色透明です。しっかりと考える必要があります。

私のように派遣でフロントエンドエンジニアのようなWEBデザイナーの中では細分化された実務経験している人は、その経験を活かすようなキャリアパスを描くと採用側とのマッチング精度は高いです。もちろんそういった経歴を捨てグラフィックデザインよりもWEBサイトが作りたいと強く思うのであればそうするべきです。

どんな企業で働きたいか方向性を決める

正社員としてのWEBデザイナーの需要はアルバイトや派遣社員とは異なります。中小企業のWEB制作部のトップから、デザイン専門の製作会社、大手IT企業まで様々です。さらにその中でも老舗で安定してる企業もあればベンチャー企業もあります。

忙しくてもよいので高給料の職場がいいのか、程々の給料でもよいのでワークバランスを重視して残業が少なく安定したWEBデザイナーになりたいのかを決める必要があります。

私の場合はWEBサービスの中でコンバージョンを追求していくデザインをし、最新のトレンドをキャッチアップする環境を身を置きたかったので事業を横断しやすい社風があるWEBサービスを展開している大手IT企業という志望を固めました。

条件としてトレードオフな関係にあるのものが多いので、しっかりと自分の方向性を決める必要があります。

情報収集を開始する

WEBデザイナーとして進みたい方向性が決まってから情報収集を行います。ポートフォリオの制作はまだ必要ありません。志望企業に合わせて最適化させるからです。これがアルバイトや派遣社員とは違うところです。

転職エージェントに登録・面接する

正社員求人のほとんどが非公開求人です。すべてをオープンしてしまうと玉石混交な人材から応募が殺到するため企業の人事部や採用担当の仕事がパンクします。その手間を省くため多くの企業が見込みのある人材の選別を転職エージェントに委託している形になっています。

実際に転職エージェントを使用して転職活動をするかは自由ですが情報収集に関しては転職エージェントを頼らざるを得ない状況です。無料で使用できますので転職を成功させたいのでしたら利用するべきサービスです。

自分のWEBデザイナーとしての市場価値を調べる

自分の技術がWEBデザイナーの正社員の中でどのくらい水準にあるのかを理解しなければいけません。自分の希望する企業が求める水準に明らかに至っていない場合は頑張っても徒労に終わってしまうこともあります。

WEBデザイナーに強い転職エージェントは多くの人材を企業に送り込んでいる経験から、実績からWEBデザイナーがどのレベルにあり会社が持っている案件からどの企業に採用の見込みがあるのかを出すことができます。

IT系に強い転職エージェント

レバテックキャリア

マイナビクリエイター

株式会社ギークリー

ワークポート

自分の志望するWEBデザイナーの仕事がある企業を決める

転職エージェントとの面接が終わると、採用の見込みがある企業の案件をプリントアウトしてきてくれます。すでに働きたい企業があるのならば最初にエージェントに伝えましょう。私の場合は志望企業があり、たまたまエージェントの持っている案件がその会社であったのでその企業を軸に3社にしぼりました。

転職エージェントによって紹介してもらえる企業の案件や、担当者によってマッチング精度も異なりますので、1つの転職エージェントに絞るのでなく複数のエージェントを回って自分と相性のいい会社・担当者を見つけることが大事です。

転職エージェントの給料は人材を企業に送り込んだ成果報酬から出ることから、優秀な人材を入りやすい企業に誘導することもありますので自分の要望を無視していないか、無理やり話を進めていっていないかを判断して、相性の悪いところはすぐに切り捨てましょう。

私は転職エージェントを4社まわり、最終的に相性の良い1社に絞りました。

ポートフォリオを制作する

印刷用のポートフォリオ

第一志望の企業に合わせてWEBポートフォリオと印刷用のポートフォリオを制作します。WEBデザイナーとしての応募なので自分のスキルを証明できるものはすべてWEBサイト上で表現することが大事です。私はUI設計をするフロントエンドエンジニアを希望していましたので、スマートフォンで操作性の良いWEBポートフォリオを作成しました。

デザイン性の高いWEBデザインをしたいのであればパララックスや動きのあるLP風の自己PRページを作ったり、志望職種に合わせましょう。

WEBデザイナーがはじめて転職をするとき、一般的な会社員とは決定的に違うものが1つあります。それが自分の実績と作品を載せるポートフォリオです。WEBデザイナーの転職を成功させたいな

職務経歴書を作成する

デザイン職なので一般的なフォーマットの職務経歴書だとインパクトが足りないと思い、転職エージェントの担当者と打ち合わせの結果年表形式で画像を盛り込んだ職務経歴書を制作しました。UI設計志望なので情報設計のPRする作品として良いとの判断です。

面接の練習をする

WEBデザイナーは折衝や交渉などの経験が少ないため練習は必要です。営業職はディレクターの人は多くのクライアントと打ち合わせをするため練習しないほうが素の自分が表現できて良い方向に行くこともありますが、生粋のデザイナーの場合は言いたいことが言えなかったり、採用担当者が求める返事をできなかったりします。

WEBデザイナーのみの経験での転職や就職の場合、面接練習は必須と考えます。面接練習も転職エージェントが無料で行ってくれます。

ポートフォリオ・職務経歴書・履歴書をエージェントに預け一次審査に出す

転職エージェントの担当者の感覚値では採用の見込みがあっても面接するかどうかは企業の人事担当が決めることなので、エージェント経由で求人に応募します。この際にエージェントは企業に対して売り込みを行ってくれます。1週間ほどで面接にたどり着けるか、不採用かのどちらかの返事がもらえます。

合格すれば次は面接です。スケジュールは転職エージェントが担当してくれます。

志望企業と面接

転職の面接

いよいよ面接です。会社の調査からポートフォリオ制作・職務経歴書まで第一志望の企業に最適化したので緊張はアルバイトや派遣の比ではありません。担当者は人事とデザイン部門責任者の2人。転職エージェントからも事前に言われていましたが、私の面接担当者はとてもフランクな方でこちらがどんどん話せるように誘導してくれました。このような面接は論理に矛盾がないかロジカルシンキングができてるかをチェックされることが多いため。相手の質問を深く考えて受け答えしましょう。

デザイナーやIT系は技術職であるため、転職は目に見える成果がある分対策はし易いとされています。技術が採用の多くのウェイトを占める分、面接で何を聞かれるのか、どのような部分が見ら

最終面接

1週間後に転職エージェントから最終面接の連絡がありました。私の志望してしている企業の最終面接は突破率が50%程度のことでした。転職の意思と将来設計を再度問われるとアドバイスをもらいました。WEBデザイナーの経験からなりたい方向性は決めていましたので、面接で役員には素直に伝えました。

「うちはキツイ仕事量で有名だとと思うけれど、なぜ他社でなくてうちなの?」という質問はまでも覚えています。私の答えはその会社でしか出来ないこととやりたいことがある、それを実現するためにはその会社の環境に身をおく必要があるという旨の解答をしました。そのあとの逆質問で「そのキツイ仕事を長年こなして役員にまでなられるまで勤続し付ける魅力はなんですか?」という質問がツボにハマったらしくその後30分ほど雑談が入り、具体的な給与交渉を行いました。転職エージェントからもらった資料よりも3万円ほど給与が高かったので即答で承諾しました。

では改めてご連絡します、と面接が終了しました。

採用通知

3日後に採用の連絡がきました。企業の人事担当から転職エージェントに連絡が入り、志望者に連絡が入る流れです。ちなみに採用の理由は「しっかりとコミュニケーションが取れたから。スキルの面ではポートフォリオと実績をみた段階で基準を満たしていた」とのことです。私の志望企業は正社員雇用の場合はスキルは当然としてコミュニケーションが最重要視されていました。

入念に準備することと論理を組み立てることが大事

私が正社員への転職活動で一番重要だと思ったことは準備です。ポートフォリオ作成に1ヶ月、志望動機などをまとめるのにも1ヶ月合計2ヶ月を準備期間に使いました。何度も転職エージェントの添削を受け、定期的に面接練習を行いました。

志望企業の実際に風土や求められているマインド・スキルは転職エージェントの担当者に聞かないとわかりませんでした。公式ホームページに載っている社訓などとはだいぶ異なります。

人事担当の人も言っていたコミュニケーションに対応するために面接での受け答えのロジックを組み事は大事です。特に志望動機や将来設計に対しては質問の内容を変えてあらゆる方向からせてきます。面接の受け答えをテンプレートで覚えると破綻するので本質だけをおさえて臨機応変の対応することが重要です。転職エージェントとの面接練習で色々な質問をしてもらって、それにしっかりと答えられるようにしましょう。

WEBデザイナーの正社員への転職や就職は技術力の証明が必要で、一般的な企業の採用とは少し異なります。情報収集は早いに越したことはありませんので早めに動くことをおすすめします。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST