WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBディレクターへの転職適正があるWEBデザイナーの特徴

WEBデザイナーからディレクターへ

現在WEBデザイナーで仕事をしていて、これからのキャリアアップの1つの選択肢としてWEBディレクターを考えている人も多いと思います。

WEBデザイナーより給与が高い水準にあることや、プロジェクトの上流工程に関わることができることなどが人気の理由です。WEBデザイナーとWEBディレクターはどっちの立場が上ということはありません。

WEB制作に対して一番パフォーマンスが出せ、高いモチベーションを維持できること第一です。

私はWEBデザイナーからWEBディレクターに転職しました。その経験を踏まえてディレクションが得意なWEBデザイナーの特徴をあげてみます。

サイトマップを書くことが苦痛でない

WEBデザイナーは基本的にウェブサイトの構造やカテゴリー分けなどを行なうことはありませんが、転職を考えるレベルのWEBデザイナーならば一度はウェブサイトの設計に関わっているはずです。自分の作品や、ブログなども含みます。

その時のサイトの設計をIllustratorCaccoなどで綿密に作り、そのとおりの構造でホームページのリリースができているならばWEBデザイナーとしての適正は大いにあります。WEBディレクターはデザイナーの仕事を作ることも仕事の1つですので、デザイナーが作業に必要なドキュメント作成でストレスを感じるならば不向きとも言えます。

キーワード選定などのSEOが好き

ウェブサイトには必ずターゲットが存在します。ターゲットが使用するキーワードを想定し、そのユーザーに対して的確なコンテンツを提供するのがWEBディレクターの使命です。

WEBページのデザインでユーザーのコンバーションを上げるのがWEBデザイナーの醍醐味であるならば、そのページにユーザーがたどり着くようにSEOをするのがWEBディレクターです。

自分のブログなどで狙ったキーワードで上位を取れるようなWEBデザイナーはディレクターとしても基本はできていると考えられます。

広く浅くのスキルには自信がある

WEBデザイナーとしての必須スキルであるHTMLというCSSに加えて、jQueryのフリーライブラリのカスタマイズができる。PHPは書けないけれど、分岐条件程度は読むことができ、そこにスクラッチでHTMLを書くことができるなどWEB制作現場を横断できる知識があることです。

この中にはSEOや写真撮影なども含みます。実際に自分で作業はできなくても担当のデザイナー・システムエンジニア・カメラマンなどと業務の話ができれば問題ありません。

やるべき仕事に対して、誰がどの程度できるのかを正確に把握することはディレクターとしてのコミュニケーション能力が問われます。

WEBの最新のトレンドをキャッチアップしている

WEB制作は常に新しい技術が生まれる環境なので、最新技術へアンテナを貼ることは大事です。普段WEBデザイナーとしてCSS3のコードや、デザインのトレンドをチェックし、実際に制作物や自分のブログなどで実践している人は感度の高いデザイナーといえます。

WEBディレクターは多くの情報を浴びて、その中から最適解を模索してプロジェクトを成功させる必要がありますので、普段から自分で情報をキャッチアップしている人はディレクター特性が高いといえます。

WEBデザインの動きを予測できる

WEBサービス開発のデザインによくります。例えば入力フォームを作るときは、未入力のデザイン、入力完了時のデザイン、そしてエラー時のデザイナ必要です。

実際の開発現場ではよくあることですが、WEBディレクターの書いたワイヤーフレームや要件定義書にこのエラー項目が抜けていてWEBデザイナーの作業が後々になって追加されるという自体が起きます。

当然スケジュールに支障が出てしまいます。このようなことを起こさないようにWEBデザインに必要な要素を細かく出して設計できるWEBデザイナーはディレクターへの適性があります。WEBデザインの設計に関しては他業種である営業や企画よりもWEBデザイナー出身のディレクターの強みとしてWEB制作現場では重宝されています。

自分が作ったWEBデザインの理由を説明できる

「どうしてこのボタンなの?」「なぜこの位置なの?」「なぜこの色なの?」いった質問に対して論理立てて説明できることも重要なスキルです。WEBデザイナーは自分の持っているスニペットを使用してWEBデザインをすることもありますので、忙し時はパーツの使い回しなどを行ってしまうことがあります。

WEBディレクターはクライアントとの窓口でWEBデザイナーの作ったデザインを元にプレゼンします。その際にデザインのすべてが目標達成にベクトルが向いていないとデザインの差し戻しなどが起こりますし、コンペでは入札を落としてしまします。

感覚に頼らず理論でデザインを組み立てている人はWEBディレクターに向いています。

まとめ

私が現場の経験則からWEBディレクターに向いてる人の特徴をまとめてみました。時には1日中サイトマップを書いていたり、SEOのキーワードを探す、打ち合わせで1日丸ごと使い切るということがあります。

WEBデザイナーやシステムエンジニアが快適に仕事ができるように下準備をするのが制作現場での主な役割といってもいえます。

WEBデザイナーとしての知識と経験を活かして制作現場全体のパフォーマンスを上げる、プロジェクトを成功へと導くといったことに興味があるのでしたら、WEBディレクターもデザイナーの転職の1つの選択肢です。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST