WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

フリーランスのWEBデザイナーが仕事を得るために必要なスキル

フリーランスのデザイナーが持つべきスキル

WEBデザイナーがフリーランスとして仕事をする場合、様々なクライアントと関わりあうため会社勤務とは別のスキルが必要になります。案件を絞り込んで自分の得意分野のみで仕事をすることもできますが、仕事が安定するまでは様々な需要に対応することが大事です。それがWEBデザイナーとしてのスキルの向上にもつながりますし、唯一無二のスキルセットを持つデザイナーとして正社員として再び会社勤務になる場合でも高待遇になることができます。

ディレクションスキル

フリーランスでWEBデザイナーをやるならば必ず必要な能力です。初めは経験がなくても大丈夫です。一度大変なクライアントの仕事を受注すれば嫌でも身につきます。ディレクションスキルを持つ理由は自分の利益を確保することです。クライアントと折衝して工数に対する見積もりを正確に出すことや、保証の範囲や保守の月額費用を策定します。

他にもウェブサイトを作ることは決まっているけれどもどのようなページを作らないとわからないクライアントも多いので、その場合は企画構成比やコピーライティング料なども発生します。料金設定はフリーランスの場合、欲しい手取りの3倍を稼ぐべきと言われていいます。時給1500円の手取りが欲しければ請求するのは時給4500円です。

ウェブディレクションについて実務経験のない方は体系的にまとまっている参考書を1冊購入してどのようにWEBサイトが作られていき、どこで費用が発生しているのかを知っておくとよいでしょう。

WordPress

フリーランスのWEBデザイナーでWordPressでウェブサイトを作れないとかなりの数のクライアントを逃す可能性が高いです。WordPressを代表とするCMSはブログを更新できるPCスキルがあればクライアント自信がウェブサイトを更新できるので保守費用や更新依頼の連絡が必要ない分クライアントに優しいサービスだからです。それに加えてデザイン制作会社よりも安くウェブ制作を発注できるフリーランスを使い勝手がよいとったことと重なり、フリーランスにCMS構築を依頼してクライアントが更新・運用するというトレンドがあります。

またフリーランスは思うように仕事が安定しない場合は、仕事を受けるためにセルフブランディングする必要もあり早かれ遅かれブログを始めることなります。土壇場になってWordPressを勉強するようでは遅いので、フリーランスになると決めたその時から準備を始めましょう。

ブログレベルのWordPressの製作技術がある人はコーポレートサイトや情報サイトを構築できるようにカスタマイズできるようになると受注に幅が広がります。


DTPデザイン

IllustratorでのDTPデザイン

Illustratorを使用した印刷物のデザインスキルもフリーランスには必要になってきます。最低限でも名刺・A4チラシ・3つ折りパンフレット程度のデザインと印刷発注はできるようにしましょう。

WEBデザインと違いDTPデザインは様々な制約やルールがあります。解像度(dpi)やCMYKの比率、特色、エディトリアルなどを勉強し、印刷時発注時に必要な塗り足しやトリムマークの設定などを行い実際に印刷物の納品までができなければなりません。

印刷発注できるIllustratorのファイルはラクスルのテンプレートファイルを参考にするとわかりやすいです。このファイルはそのまま使用して印刷所に出すことがでいますので、DTPデザインの基礎を学ぶにはよいサンプルファイルです。

写真撮影

写真撮影

多くのWEBデザイナーが口にします「写真が撮れるデザイナーは強い」と。WEBデザインをするには写真素材が必要不可欠ですが、フリーランスで仕事をしているとクライアントがデザインに使用できないレベルの写真しか持っていないことがたくさんあります。写真撮影をしようにもクライアントの費用の問題があったり、信用できる外注カメラマンが見からなかったりして、最終的にはクライアントの持っている写真を使用せざるを得ずに制作するデザインのクオリティが下がってしまうことがあります。

業務レベルの写真撮影の技術を持っているとデザインと写真撮影をパッケージで提案できることや、撮影する写真を想定してデザインすることができます。写真素材が扱いにくいとデザインで誤魔化す部分が少なからずありますが、高品質な写真なら大きく使用してミニマルなデザインができます。ウェブサイトのコンセプト次第ですがデザインの幅が広がることは間違いありません。

変化し続けられるのがフリーランスの強み

Need to Knowの言葉の通り、今自分に必要なスキルを勉強し組み合わせ唯一のスキルセットを持つことができるのがフリーランスの一番の強みです。企業に属しているとWEBデザインのみといった特定の仕事を量産することが基本とされます。これは作業効率化と専門性の問題で企業としては安価で高品質な成果物が出てくるからです。

しかし今WEBデザイナーに求められているのは営業・ディレクション能力からUI設計・SEOにマーケティングと多岐にわたるため顧客需要に対応するフリーランスのWEBデザイナーは時代が求めているものをキャッチアップできる環境にあります。勉強を怠らなければ急成長できる環境です。

フリーランスのWEBデザイナー仕事を支援するサービスもあります。新規事業や短期集中開発で人手が足りなく助っ人として数ヶ月の常駐やリモートワークのため高単価の案件が非常に多いです。時々企業に常駐してチームで仕事をしならがらフリーランスとしての技術を磨いていくのもこれからのWEBデザイナーの仕事の1つの形です。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST