WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

派遣社員としてのWEBデザイナーの仕組みと採用までの流れ

WEBデザイナーの派遣社員の仕組み

WEBデザイナーの派遣社員はスキルアップと実績作りとしては非常におすすめできる雇用形態の1つです。その根拠はスキルさえあればデザイン職は雇用形態はあまり気にされない点です。ではどのようにして派遣社員としての仕事が決まるのかをまとめます。

企業から派遣会社に人材派遣の依頼がくる

まず企業が派遣会社に求めるスキルを持つWEBデザイナーを探してくれるように依頼します。これは企業が直接求人で募集をするとスキルの合わない人が来てしまい、面接や採用に多くの時間と人材が消費されてしまうからです。

そうならないために派遣会社にある程度のスキルを持っている人をピックアップしてもらい、見込みのある方のみを紹介してもらうことで効率よく人材を確保できます。

派遣会社は企業の求める人材を探す

派遣会社はWEBサイトなどに持っている求人案件を掲載し、そこで働きたいWEBデザイナーの応募を待ちます。WEBデザイナーはネットから気になった求人案件を応募する流れになります。直接電話してしまってもよいでしょう。

WEBデザイナーに強い派遣会社の場合は登録時にPhotoshopやDreamweaverなどの実務経験などを入力する専門のフォームがあります。

担当者と面接し採用確立の高い求人を絞り込む

WEBデザイナーは派遣会社の担当者と面接して希望する企業に採用されるかどうかの面接を行います。この時WEBデザイナーとしてのスキルと実績がわかるポートフォリオが必要となります。WEBデザイナーの方はこの段階までにWEBと紙のポートフォリオを作成しましょう。

スキルがあるならばより時給の高い案件を紹介されますし、不足をしているようならば時給が低い案件を紹介されることがあります。

稀に企業が急いで人材を募集しているWEBデザイナーの派遣の案件があります。この場合は若干スキルが足りなくても採用されたり、スキルがある人ならば時給を上乗せしてくれることもまります。

派遣先の採用担当と面接

派遣社員の面接のスケジュールなどはすべて派遣会社が行ってくれ、面接にも同行してくれます。スキルの確認はできているので、ここまでこれれば採用確立はかなり高く面接に同行する担当者からも「ほぼ内定もらっていて顔合わせ程度の気分で大丈夫」といったアドバイスを受けることも多くあります。

派遣会社と雇用契約し派遣先へ仕事をしに行く

早けれは当日・翌日には採用通知がきます。働き始めるのも最短で翌日からといったことがあります。準備期間が欲しい人はあらかじめ派遣会社の担当者に相談しておきましょう。

初勤務の日は派遣社員の担当の方が同行してくれることもあります。派遣先の担当者に挨拶をしてから仕事を始めます。WEBデザイナーの場合は初日は環境構築のみで終わる場合がほとんどです。

派遣社員の給料は派遣会社から支払われる

給料は派遣先の企業ではなく、登録している派遣会社から支払われます。これは派遣先の企業から派遣会社にWEBデザイナーの労働費が支払われ、そのうちの何割かを天引きしてWEBデザイナーの給料としているからです。時給2000円のWEBデザイナーの派遣ならば時給3000円ほど派遣先企業が支払っているケースがあります。

このような経緯から、派遣社員は直接企業と契約したほうが給料があがり、企業としても優秀な派遣社員を引き抜いた方が経費が安くなります。

派遣社員が直接派遣先企業と契約するケースがあるため、基本的には派遣社員が派遣先と契約することは禁止しています。

派遣社員には契約期間がある

契約期間は3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月単位が基本です。一般職に比べWEBデザイナーは技術職なので長期間契約更新を希望される企業が多い傾向にあります。私の知り合いでは5年くらい派遣で勤務しているベテランデザイナーもいました。

とはいえ人員整理の候補の最前線に出ることは間違いありませんので安定した職業とは言えません。派遣社員であるうちはWEBデザイナーとしてのスキルを磨き、いつ契約が切れても1つ上のレベルの仕事を見つけるという心構えをしておきましょう。

契約更新は本人の意思でやめることができる

人間関係や仕事内容のミスマッチなどでストレスに限界が来た場合は、契約更新に合わせて自分から仕事をやめることができます。派遣社員として働きながらも正社員になるために就職活動する人も多く、契約満了と共に新しい職場に移ることができるので短期派遣は転職活動に向いている仕事とも言えます。

次の職場を紹介してくれる

別の職場に移りたい場合は事前に担当者に知らせておくことで新しい職場に派遣WEBデザイナーとして勤務することができます。短期間にコロコロと勤務先を変えるのは転職に不利になりそうですが、自分に必要がと思ったスキルを磨ける職場に移りやすいという環境も派遣社員のメリットの1つです。

自分で就職活動する必要がないのが最大のメリット

アルバイトのWEBデザイナーや転職未経験の方はイメージが湧かないかもしれませんが、新しい仕事を見つけるために自分で行うことはポートフォリオを作り、担当者と面接し、派遣先の担当者と面接するだけです。あとの細かい調整はすべて派遣会社が行ってくれます。

私の場合はアルバイトから派遣社員のWEBデザイナーになるまで1週間もかからずに採用までこぎつけました。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST