WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

派遣社員で大手企業にWEBデザイナーとして勤務し技術も給料も跳ね上がったこと

派遣WEBデザイナーになるとスキルが向上する

アルバイトから派遣社員のデザイナーに転職して給料が2倍になりました。WEBデザイナーは技術職なので正社員になるまではどんどんスキルアップして職場を変えることをおすすめします。レベルの高い制作現場に行くほどWEBデザイナーとしてのスキルが加速度的に上がっていくからです。

逆にアルバイトの見に甘んじていると成長することが難しくずっと時給900円止まりです。WEBデザイナーは成長しようとする意思と環境が大事です。

WEBデザイナーのスタートはアルバイトの時給900円でしたが、派遣社員になることで時給が2000円になりました。そして派遣社員として大手企業のウェブデザインをすることでスキ

アルバイトのWEBデザイナーは努力して成果を出してもそれほど給料はあがりませんので、ステップアップできる最低限のスキルを手に入れたら迅速にもう一つ上のレベルの職場に移ることをおすすめします。

楽天ECにサイトのアルバイトから大手企業の派遣になるとどのくらい環境が変わるのかをご紹介します。

WEBデザインのインプット作業が多い

勉強することも仕事の一部のWEBデザイナー

アルバイトのWEBデザイナーは基本的にアウトプットのみが基本で勉強などは時間外で行うのが普通です。しかし1つ上のレベルのデザイン制作現場になると一部の勉強を仕事として行うことができます。

新しいツールのテスト運用

私が派遣WEBデザイナーとして勤務を始めたことはCSSメタ言語であるSass Scssの黎明期でした。実際に運用してデザイン会社も少なかったこともあり、そのテスト運用を私を含む4人のチームで行いました。そのための環境づくりや記述ルールを作りや、コンパイルしたCSSをエンジニアが編集して混乱しないようにするワークフローなどの構築を実験検証を繰り返しながら行いました。

そのおかげで現在はWordPressで自分のブログをデザインするときにもSassを使用して上書きやコンフリクトを起こさないCSS設計ができます。当然CSSしか書けないWEBデザイナーよりも上位概念であるメタ言語を使用したほうが就職・転職に有利なのは間違いありません。

最新の技術を実務として行うことでWEBデザイナーとしてのスキルを向上できますさらに環境を構築して勉強する時間は勤務内なので給料が出ます。しかもアルバイトの時の2倍の金額がです。

定期的なプロジェクトミーティング

WEBサイトやサービスを立ち上げる際にはキックオフというミーティングがあり、アサインしたチームとのミーティングが行われます。規模によってまちまちですがチームを組む企画・システムエンジニア・フロントエンドエンジニアの3名は確実に入ります。私はその中のフロントエンドエンジニアです。

実際の作業に入る前にどのようなワークフローを組むのかの確認を行います。システムエンジニアや他のWEBデザイナーとHTMLコードを共有することもあるので、自分の作業の後の人が使いやすいコードを書くなどの一人のみでおこなうウェブデザインとコーディングとは違ったスキルが身につきます。

研修会や勉強会の参加

会社が行う研修の参加も労働時間内で行われます。同じウェブサイトのスマホとPCとのCVRの違いと分析であったり、他部署で行われて実績のでているデザインワークフローの共有などです。自分のチームで行っている取り組みで実績が出ている場合は発表側に回ることもあります。

CSS Niteのようなデザイナーの集まりにも研修として費用は会社が持ってくれるケースもあります。私の職場では情報をチームと共有することを条件に参加費用は会社負担でした。

インプット作業は仕事の1つ

このように業界の最新トレンドやツールなどインプットすることが仕事の1つで、給料をもらって行うことがアルバイトWEBデザイナーとそれ以上の立場のデザイナーの違いです。会社規模によもよりますが1000PV / 月のような大規模なWEBサービスを展開している企業のWEB開発現場ではどこも行っていると思います。

売上に直につながるデザイン改修作業

UIデザイン

派遣の募集であるWEBデザイナーとての仕事はアルバイトのような失敗が許されるものが少なく、企業の売上に直結する案件が基本です。つまり社会的評価が1つ上のランクになるということです。そういったプレッシャーと様々なルールの中でデザインとコーディングを行うことが、WEBデザイナーやフロントエンドエンジニアとしてのスキルアップに繋がります。

私が主に担当していたのはWEBサービスのUI設計です。多くのウェブサービスの画面設計は一件簡単に見えるかもしれませんが、実は難易度が高いWEBデザイン案件です。

例えばWEBサービスで新しいサービスを立ち上げると、ウェブサイトにボタンを1つ追加する作業が必要になります。すでに画面を使い切ってるインターフェースをデザインし直してコーディングする必要があります。当然IE6対応です。すべてのブラウザでデザインが崩れないようにコーディングする必要があります。私の担当案件ではコンバージョンが0.1%落ちるとサービス全体として数百万円の損失です。

地味な作業と思われがちですがウェブサービスの根幹のWEBデザインです。このような技術は大手のWEBサービスの開発現場では必要とされている技術でありアルバイトレベルのデザイナーが扱える案件でもありません。ちなみにこの案件がきっかけて後々UI・UX方面に進むことになります。

派遣社員でWEBデザイナーができれば正社員は間近

アルバイトから派遣のWEBデザイナーにジョブチェンジすると仕事の内容がガラっと変わるのでスキルが一気に成長します。アルバイトWEBデザイナーの時は自分なりの得意分野を活かして仕事をしていたつもりでしたが、派遣になってからアルバイトはWEBデザイナーなら誰でもできる内容なんだなということをはじめて実感しました。

企業の売上に直に関わること、営業や企画の意見を形にすること、システムエンジニアとの連携などチーム行うプロジェクトの1員でないと出来ないWEBデザイナーとしての仕事もたくさんあります。アルバイトから派遣社員を目指すのであればその場でしか経験出来ないようなスキルを磨ける職場にすることをおすすめします。

派遣とはいえ、このような環境で数年実績を積めばWEBデザイナーの正社員としては十分なスペックです。派遣でフロントエンドエンジニアとして勤務してから独立してフリーランスになり、以前の職場と契約して月50万以上の案件をこなす人も珍しくはありません。

自分のWEBデザイナーの価値はIT系の派遣会社や転職エージェントで紹介される案件で把握することができます。もし現在アルバイトや派遣で次のステージを目指すのであれば今すぐ動くことをおすすめします。

IT系に強い派遣・転職エージェント

マイナビ派遣

株式会社ギークリー

ワークポート

マイナビエージェント×IT

イマジカデジタルケープ

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST