WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

HTMLコーダー

HTMLコーダー

WEBデザインは行わずコーディングを専門に行う仕事です。マークアップエンジニアと呼ばれるともありますが、こちらは基本的にはUI設計やアクセシビリティも含むもう少し広範囲のデザイナーです。

HTMLコーダーの基本はHTML+CSS。javascriptは書ける人とそうでない人がいます。多くの場合はPhotoshopで作成したウェブサイトのデザインファイルをもらい、レイアウトを崩すことなくHTMLとCSSでコーディングするといった仕事になります。Photoshopでスライスをし、すべて切り分けた画像を提供してくれるクライアントもいますが、多くの場合はHTMLコーダーがPhotoshopでHTMLに組み込む画像を生成するので、最低限のPhotoshopn操作技術は必要です。

外注での仕事が多いためトラブルも多い

HTMLコーディングを社内で行うとウェブサイトをデザインする時間がなくなるということでコーディングをHTMLコーダーに外注するという仕事の流れを多く見ます。コーディングしたHTMLはクライアントに納品するものなので、クセのあるコーディングを行うと次の仕事に繋がらなくなります。

HTMLコーダーはコーディングにおいてプロフェッショナルという位置づけなので、W3Cに基づくコーディングや管理し易いCSS設計を行い、動作が必要な箇所はCSS3なのかjavascriptなのかをしっかりとコミュニケーションを取ってからコーディングを行うことが求められます。

コーダーは給料は安い傾向にありますが、アルバイトとしてはHTMLとCSSが書ければ採用確立は高いのでWEBデザイナーを目指す人の入り口としては最適な職業といえます。もちろん極めてjavascriptが書けるようならばコーディングのプロとして高単価の案件もたくさんあります。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST