WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

未経験のWEBデザイナーに美術系の学校の知識は必要ない

絵が描けないWEBデザイナー

WEBデザイナーの採用面接を担当していた時、未経験の実務経験のない面接者が心配してることで多いのが「私は絵が描けないのですが大丈夫でしょうか?」という質問でした。まったく問題ありません。そもそもWEBデザイナーは絵を描く仕事ではないのです。

私も文系の大学出身で美術系の専門知識と言ったら下手なデッサンができる程度です。それでも長年のWEBデザイナーの経験の中で困ったことはありません。

WEBデザイナーの仕事は多岐にわたるため、どのようなスキルを持っていればいいのかという線引はありません。まずは未経験者に多い「絵やアート・センス」 といったスキルに対しての私の考えをまとめます。

デザイナーはアーティストではない

WEBデザイナーはクライアントの抱える問題をWEBサイトで解決するのが仕事です。

WEBデザイナーは自分の中にあるデザインセンスでクライアントに貢献することだと思っている人が多くいます。未経験者ほど勘違いされている人が多いです。WEBデザインは売上を上げたり集客をしたりするために情報を設計してユーザーに最適な情報を提供できるシステムを作り上げることです。

アーティストは自分の感性を強引に押し切り、それでも世間の評価を受けることができる1つの才能です。対してWEBデザイナーは人の需要に合わせて最適な画面を作り上げることです。アーティストは自分の合わせ、WEBデザイナーは人に合わせるのです。

よってWEBデザイナーの仕事内容は傾向と対策で取り掛かります。受験で行う問題集を解き数式を覚える感覚に似ています。多くのWEBデザイナーはウェブサイトを作るときに参考サイトや書籍を見てパーツ単位でデザインを模倣し、それをアレンジして組み合わせることで1つのウェブサイトを作り上げます。これがWEB制作現場の現実です。

よってWEBデザイナーの入り口にアートや絵心といった才能は必要ありません。大事なのは情報をまとめる設計ができることとアプリケーション操作ができることです。

WEBデザイナーにイラストを描くスキルは必要ない

WEBデザイナーの仕事の中にイラストを描くという仕事は含まれません。必要なときは外注でイラストレーターを使用したり素材を購入したりします。WEBデザイナーが最も社会的に価値のある仕事(金を発生させる)はPhotoshopでウェブサイトをデザインしている時、コーディングをしている時です。

会社としてはWEBデザイナーにイラストを描かせるよりもウェブデザインをしてもらった方が会社の売上に直結します。よって規模のある会社のWEBデザイナーがイラストを書くことはありません。きっちりと住み分けされています。

現在のWEBデザイナーに最低限必要なスキルはPhotoshopによるウェブデザイン、HTML5・CSS3によるコーディングです。

イラストが描ける・写真が撮れるといったスキルはWEBデザイナーにとってはおまけの要素です。私も写真撮影に関してはプロとして活動してメーカーにも登録されていますが、フロントエンドエンジニアの仕事の時は写真を撮ったことは1度もありません。

WEBデザイナーのスクールのカリキュラムにも美術の勉強はない

デジタルハリウッドのWEBデザイン専攻
デジタルハリウッド(専門スクール)

例を挙げるとデジタルハリウッドのWEBデザイナー専攻コースです。デザイン概論などの知識の習得は必要としていますが美術の実技は1つも入っていません。スクールは受講生を集めるために就職・転職者を増やさなければなりません。つまり未経験者を即戦力として世に送り出すことに最適化しているのです。その中で美術の勉強が入っていないということは業界全体が未経験者にアートの実技スキルを期待しているわけではないということと同義です。

WEBデザイナーにアートのセンスは必要ない

WEBデザインはユーザーに対して的確な情報を提供することを第一としますので、センスよりも理論が優先されます。美術的は技術は人の感性に訴えるものが多くWEBデザイナーではアーティストの才能を落としこむこと自体が難しいと感じています。

もちろん美術の学校で得た色彩理論やセンスがWEBデザイナーとしてマイナスになることはありません。WEBデザインの枠に落とし込めればオリジナリティもでますし、小さい会社としてはイラストを書かせたりと使い勝手がいいので、WEBデザイナーのスタートを切るには優遇されたポジションです。

アートのセンスはグラフィックデザインで発揮される

私の経験の中ではグラフィックデザインに関しては圧倒的に美術系の学校出身者の方が優れたデザインをします。WEBデザイナーがグラフィックデザインを行うとどうしてもブラウザ上で最適化された縦と横の観点からの配置になってしまいます。

対して美術系学校出身者の方は奥行き表現が上手いことに加えて絵を描くことができるため、表現の幅がとても広くWEBデザイナーよりも引き出しを多く持っています。

特にチラシやフライヤーは興味のない人を惹きつける必要があるので、見た目の華やかさが重視されます。反対にWEBデザインは目的を持ってきたユーザーに対して知りたい情報を最短で伝えることが主な目的です。

よってDTPデザインに関しては美術系のスキルは多くの引き出しになります。しかしWEBデザインではその引き出しを上手く使うコンテンツが多くはないということです。しかしDTPの性質に似たランディングページの制作には強みを発揮できるといえます。

WEBデザイン未経験者は絵が書けないことを気にする必要はない

私も書けません。大丈夫です。WEBデザイナーにとってアートは素材の1つでありそれを使ってウェブデザインを行うことです。アート素材はすべて外注で用意できると思ってしまって大丈夫です。言ってしまえば写真素材もフォトグラファーが撮影したアートです。それを綺麗に組み込みむことでWEBデザインをしていきます。絵も同様に考えることが可能です。

WEBデザイナーとしての将来を考えた場合、美術に特化したスキルを持っていると独自性のあるスキルセットとなり唯一無二のWEBデザイナーになれることから美術学校出身者のポテンシャルはものすごく高く評価されます。

しかし多くのWEBデザイナーは仕事の中でディレクションやUI設計・SEOなど自分の特性にあったスキルセットを組み立てていきます。美術が出来なくても将来的に振りになるということはありません。

実務未経験でWEBデザイナーになりたい人はアートやセンスに関して気にする必要はありません。必要なことは制作現場に入れば身につきますので、まずは最低限の勉強でWEBデザイナーとして仕事ができるように迅速に行動しましょう。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST