WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

元採用担当だった私が未経験WEBデザイナーに望んだたった1つのこと

WEBデザイナー未経験者の採用基準
今までデザイン現場の代表として多くの未経験者のWEBデザイナーの面接と採用に関わってきました。

WEBデザイン未経験の人を雇うときは会社も相応のリスクがありますし、判断基準にまちまちです。私も多くの失敗を繰り返してきました。その経験からデザイン現場に入っても活躍できる人材に一定の法則を見つけました。

採用担当者としてWEBデザイナー未経験の人に持って欲しいものはやる気を証明できるもの。それだけです。

デザインスキルはあまり気にしない

まず結論から入るとデザイナーとしてのスキルは気にしません。独学で勉強してきた人は基礎を見直す必要があるからです。コーディングに変なクセがついていると後々困るので一通りのチェックをOJT型式で行います。

これはWEBデザインのスクール出身の人も同じです。WEBサイトの運用やコードの書き方は学校で勉強していて問題ない方もいますがすべての人がそうであるわけではないので、やはり一度チェックする必要があります。

未経験者という時点で指導する側の人材がやることはデザインができていようがいまいが作業の負担度でいうとほぼ同じです。

そこで重視するのがマインドです。

やる気はポートフォリオを見ればわかってしまう

自分で考えて勉強して作品を作ってきた人です。少額でもいいので知り合いのお店や会社のウェブサイトを作った経験のある未経験者は強いです。私ならすでのこの段階で採用を考え始めます。

ウェブサイトが出来上がるまでの背景が見えることでどのようなロジックを組み立ててウェブサイトを作る技術とポテンシャルがあるのかがわかるからです。

WEBデザイナーの担当者レベルになると企画もない0スタートでWEBサイトという成果物までたどり着くまでがどれほど大変なのかは理解しています。

未経験ながらWEBデザイナーになるべくしてできる範囲で実務にチャレンジしたという実績があるのならば好印象を持たざるを得ません。

WEBデザインに対するコミュニケーションがすべて経験をベースにしているので採用担当者の立場としては会社への適正やポテンシャルを測ることができます。

実務未経験の人だとどうしても仕事でデザインをする上でこちらが確認したいことでも、フワフワとした回答になってしまいます。

未経験者はそれが当然なので評価がさがるということはありませんが、採用担当者が内定を判断するために慎重にならざるを得ません。

WEBスクールの課題はあくまで技術をみるためのもの

多くの未経験者はWEBデザインスクールの課題を持ってこられますが、プロデュース・ディレクションの部分がガッツリ抜け落ちていて、掘り下げていくと「かっこいいから」「自分の作りたいウェブサイト」という着地点になってしまうことが多々あります。

WEBデザインはアートではありませんので顧客ありきのデザインです。売上の出ないウェブサイトに価値はありませんし、理論が組み立ててないデザインではクライアントも納得しません。

クライアントがないバナーやウェブサイトを大量にデザインしても実のところあまり評価は高くありません。

未経験者に求めるものは、やる気とそれを証明するストーリーです。

未経験者がダミーのウェブサイトを作るときに行ってほしいこと

周りにウェブサイトを作らせてくれる知り合いがいるとも限りません。むしろそのようなケースは珍しいでしょう。そこで未経験者のWEBデザイナー志望の皆さんに作品を作る際にしてほしいことは、仮のクライアントを作りウェブサイト制作の要件を徹底的に掘り下げることです。

「なぜこのウェブサイトを作ったのか」という質問に全て答えらると評価は高いです。未経験者は学校で教わった技術的なことをアピールしたがりますが、採用担当者はあまり興味がありません。

クライアントには解決するべき問題があり、それを解決するためにウェブデザインをしているというビジネス感覚が大事です。

意地悪な採用担当者に当たるとポートフォリオを見せたら「スマホサイトないの?」と言われることがあります。まだ制作する技術がないというのが本音ですが、面接で悪印象を持たれないために返答に困りフリーズしてしまうことがあります。

これも「たくさんのお客様に見てもらえるようなすっきりとしたデザイン」というアピールに対して「スマホでの閲覧比率は50%を超えることも珍しくないけれど、多くの人に見てもらいたいサイトでなぜスマホ対応していないの?」という採用担当のもっともな意見です。ビジネス感覚を持っているのか、WEBデザインの市場を理解しているのかの2つ適性を図れるいい質問ですが、個人的にはWEBデザイン初心者にはしんどい質問だとも思います。

しっかりとデザインの背景がある場合は「スマホサイトは充実しており、今回のデザイナはPCでのコンバージョンに特化したランディングページです」という受け答えができます。

構想の中のクライアントの問題を解決するためにあらゆる手段を模索してスマホサイトは必須だという結論に達したのならスマホサイトの勉強をして成果物を作ってから採用面接に行くべきです。

「やるべきことをやってない」という弱点が表に出てしまっているポートフォリオやコミュニケーションだと未経験可のWEBデザイナー求人であっても採用は難しいと思います。

実務未経験のWEBデザイナー志望の人がアルバイトや派遣など、職業WEBデザイナーとして採用されるためにどうしても必要なものがポートフォリオです。 しかし実務経験もなし

未経験WEBデザイナーはやる気があれば採用水準

やる気があるからWEBデザイナーの学校に行き採用面接を受けているんだという意見がありますが、それは間違いです。未経験者の採用面接でやる気を感じられる【証拠】を提出できる人はほとんどいません。

WEBスクールの課題は受け身のものです。作ったウェブサイトもクライアントがいなければ自分の好みですべてを決めることができてしまいます。それは仕事で行なうWEBデザインではありません。ポートフォリオも綺麗に作っていて数社面接を受けても採用がない人は、採用担当者視点でポートフォリオやコミュニケーションを透かして見た時にWEBデザイナーとしての姿が見えてこないのです。

自社やクライアントの利益を最大化させるためのWEBデザインをするというビジネスの立場を明確にして、それを証明するものが用意できれば多くの企業が未経験のWEBデザイナーであっても喜んで採用するでしょう。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST