WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

IターンとUターン。地方でのWEBデザイナーの仕事の探し方

Iターン・Uターン希望のWEBデザイナー

現在東京などの大都会でWEBデザイナーをしている方が地方や地元にIターンやUターンをしようとしても、中々働き口が見つからないことがあります。

それほどWEB開発は都会に集中しています。それでも地元を盛り上げたいマインドがある方や、子育ては地元や地方でのんびりとしたいといった声をよく聞きます。私も拠点は長野県に移したIターン組なのです。その経験から地方でWEBデザイナーとして働くための転職活動をアドバイスします。

自分で会社を探すのは難しく転職支援会社を使うのが一番効率が良い

地方はWEB製作会社の数自体が少ないため、自分で求人で探せるWEBデザイナーの求人の数が限られてきます。WEBデザイナーとしてのIターンやUターンをするのであれば、デザイン会社ではなく企業内の広報部やWEB制作部門も視野にいれる必要があります。

そういった求人は非公開求人である可能性が高いため転職エージェント経由で行うのが効率が良いです。中には地方に特化した転職エージェントもあり、私は長野に特化したエージェントを利用しました。

Iターン・Uターン特化の転職エージェント

リージョナルキャリア
リージョナルキャリア

リージョナルキャリアというIターンやUターンに特化した地方に強い転職エージェントのフォローの範囲に自分が希望する地方があるならば面接して情報収集をしてみるとよいと思います。地方にいるエージェントが定期的に東京などで説明会や面接を行っているので、地方での仕事に興味があるWEBデザイナーはスケジュールを見て参加してみると地方独特の求人が分かります。

WEB制作技術は低い傾向がある

デザイン事務所はともかく、地方の中小企業になると制作のワークフロー自体が古く、都会に比べると見劣りする会社は多くあります。

例えば社長のワンマン経営であり、ディレクションや分析などを一切行わずにウェブサイトを量産するだけの会社であったり、WordPressなどのCMS開発ができずに、静的HTMLのみのデザインしかない会社も多々あります。

都会の大手で技術を磨いた人に取っては、インプットする機会は0でひたすらアウトプットするだけの仕事になりますのでストレスになってしまうことも考えられます。転職する企業のリサーチには十分時間をかけることをおすすめします

給料は都会の水準よりも5万円以上低い

地方のすべての職業に言えることですが、都会のWEBデザイナーよりも給料をもらうことは実質難しいです。超えるとしたら残業が多く、手当が出る会社です。

代わりに家賃が新築の2LDKで駐車場付きで7万円など、生活費をおさえることもできます。近くに農家の直売所などがあれば野菜も激安で手に入ります。

夜に遊びに行く場所も少なく、居酒屋も車でしか行けない距離だったりるため自然と退職後は家帰る生活習慣になります。そういった経緯から地方に転職してから貯金が増えたという声もよく聞きます。

スペシャリストよりもジェネラリストが好まれる傾向

地方にはデザイナーが絶対的に少ないので、WEBデザインだけだと企業としては雇いにくいこともあります。例えば広報部であればWEBデザイン・DTPデザイン・SEO・写真撮影・ブログの更新を兼務するといったケースもあります。

WEBデザインの一点突破のスキルよりも、どれも初心者レベルだけれども色々と幅があるデザインスキルを持っている方が地方での就職という面では有利に働くこともあります。

フリーランスとしてリモートワークで都会の仕事をするのもおすすめ

自分の持つスキルに自信があり、週1回のミーティングに参加できるなら都会のデザイン案件をリモートで受注することも可能です。経験が浅いならばクラウドワークスやランサーズの月30万程度の案件を、HTML5, CSS3, javascriptが書けてWEBサービスのフロントエンド開発の経験があるならば、レバテックフリーランスといって80万/月の高単価案件を狙うのもありかと思います。

ただ地方に移住してからこのようなクラウドやフリーランスの仕事紹介を使うのは、仕事が得られなかった場合無収入になってしますので、事前にコーディネーターに相談するか移住前に何件かの案件をこなした方がよいと多います。

レバテックフリーランス
クラウドワークス
ランサーズ

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST