WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBデザイナーは転職回数が多いと有利になるキャリアアップ推奨の職業

転職回数が多いと有利なWEBデザイナー

転職回数が多いと採用確率が低くなる、そう思ってフラストレーションを抱えながらも現在の職場でスキルアップをして転職のタイミングを図っているWEBデザイナーの方にお伝えしたいのが、転職回数の多さは一般職に比べて問題視されないということです。無論、無条件で問題視されないということではありません。WEBデザイナーと転職回数について、採用に携わっていた立場からの見解をまとめます

WEBデザイナーは技術職。転職は当たり前

正社員のWEBデザイナーは会社に属し、会社のデザイン案件をデザインします。WEBサービスならば開発保守、デザイン制作会社なら営業の取ってきたデザイン案件、ECサイトならばページの更新やバナー作成が多いでしょう。

環境に依存することが程度の差はありますがデザインスキルが偏ってきます。たとえば凄く美しいWEBデザインができるけれどもコーディングすることができないといったケースです。これはサイト制作技術に特化していて社内にコーディングの仕事がないからです。

WEBデザイナーがコーディングをしたくても会社としては先鋭的なデザインをウリにして高単価で仕事を受注しているので、デザイナーがコーディングをするのは会社にとっては不利益になります。外注に投げてしまった方が利益が出るのです。

会社の理解がないという問題ではなく、構造上の問題なのでそこに属するWEBデザイナーはコーディングの技術を磨くことはできません。

そのWEBデザイナーが「これからはコーディングができないと生き残ることはできない」と危機感を覚えているのでしたら手段は転職しかありません。WEBデザイナーという技術で生きている人間が、技術力で妥協してしまうことの方が将来的に危険です。

同じレベルの職務を転々とすると不利になる

WEBデザイナーとして成長が見込めないような職場を転々とするジョブホッパーは一般職と同じく転職に不利になります。なぜ転職する理由があったのかがわからないからです。

例えば旅館やホテルのWEBデザインを行いHTML・CSSでコーディングすることがメインの業務であるWEBデザイナーが、1年勤務してまた同じような旅館とホテルのデザインをする会社に転職した実績があったとします。

このとき業務内容に前職にプラスしてディレクションが入っていたり、写真撮影が入っていたりすればスキルアップしたんだなとわかります。しかし給与面しか変わってなかったのであればストレス耐性がないのではないか、協調性に欠けるWEBデザイナーなのではないかと推測します。

重要視されるのは一貫性とWEB制作のスキル

WEBデザイナーが転職する際に気をつけることはWEB制作能力です。WEBデザイナーとしての能力よりも総合的なクリエイティブ能力に比重がよります。採用担当は前職のスキルを含めた能力によって社内の業務の質を上げたいと考えているからです。

制作スキル

一番わかりやすいのがディレクション能力です。

WEBデザイナーとWEBディレクターの能力を双方を持ちあわせているのならばWEB制作に関わる会社ならどこだって欲しい人材です。デザイナーとディレクターのどちらにも仕事を振れますし、人手が足りないときのヘルプ要員にも使えます。WEBデザイナー経験者のディレクターは仕事のすべてが書籍による知識ではなく、実体験をベースにしてるので開発現場とのコミュニケーションや社内折衝のパフォーマンスは桁違高いです。

キャリアの一貫性

WEBデザインとWEBディレクターの経験が違う職種で一貫性がないと思うかもしれませんが、それは本人がどう持っているか次第です。WEBデザイナー時代にディレクターとコミュニケーションが上手く取れずに、会社の成果物として良いデザインやサービスが作れなかった苦い経験が元でWEBデザイナーの経験を活かしてWEBディレクターになり会社利益に貢献していと思ったというならば筋は立派に通っています。

むしろ転職しないと身につけることが困難なスキルセットであり、WEB開発のニーズを捉えているという面で期待値は高いですしビジネス視点であることは会社としては好印象にうけとめられる可能性が高いです。

そして現在、ディレクターだけでなく、ウェブデザイン+HTML+CSSに加えてjavascriptやPHPを扱えるフロントエンドエンジニアなど、デザイン現場を横断できる人材の需要は高まっています。

定着率は気にされない

転職回数が多い=すぐに辞めてしまうのではないという不安は採用担当者の誰もが思うところですが志望しているWEBデザイナーのキャリアパスの結果その会社にたどり着いていれば、ストレス耐性がなく協調性に欠けるといったネガティブな印象な持たれません。

むしろ転職をしてきたことで得られた独自のスキルセットによる提案力やマネジメント能力への期待値が上回ります。あとは志望者のスキルに見合うポジションを用意できるかという社内の受け皿とマッチングの問題です。

WEBデザイナーは常に勉強しなければならない仕事であることは皆知っている

WEBデザインの業界は常に進化していてデザイナーはキャッチアップに追われる毎日です。ウェブ制作現場も数年前には考えられなかったスマホサイトのやアプリデザインなどの仕事が現れていてWEBデザイナーの仕事のあり方に執着することは、業界全体のレベルの低下を招きます。

しっかりしたビジョンを持ち、デザイナーとしてニーズのあるスキルセット作っているのならば転職回数を気にする必要はありません。そのスキルを渇望してる企業はたくさんあります。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST