WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

アルバイトのWEBデザイナーからのキャリアアップ!WEBに強い派遣会社のおすすめ

WEBデザイナーアルバイトは1年で次のステップへ
WEBデザイナーとして高い給料をもらい安定した仕事をしたいのであればアルバイトでの仕事からいち早く抜ける必要があります。

アルバイトのWEBデザイナーは業界の中ではまだ真っ白な状態です。今現在の基本スキルであるPhotoshopとHTML・CSSのスキルからどのように専門的な技術を身につけていくのかでWEBデザイナーとしての立ち位置が決まります。

UI・UX系やフロントエンドエンジニアなどのスキルは大手のWEB開発現場に入らないと身につかない技術です。その現場が必要としてるWEBデザイナーのレベルは最低限で派遣社員レベルとなります。

レベルの高いWEB制作スキルを見つけること、自分に相性のよいWEBデザイナーの立ち位置を見つけるためにも、現在アルバイトでWEBデザイナーをやっている人は派遣社員や正社員になることをおすすめします。

正社員になるのは準備期間も必要ですし、採用基準も高いのでまずは派遣社員になりスキルを磨くことをおすすめします。

派遣社員のWEBデザイナーになるためのスキル一覧

マネジメント経験は必要ありません。FireworksやFlashも使えなくて問題ありません。JavascriptはjQueryのフリーライブラリをカスタマイズできてウェブサイトに組み込む能力があれば問題ありません。

1年間アルバイトでWEBデザイナーをしていればコンテンツスライダー程度の実装を経験するはずです。その程度の技術で十分です。

WEBデザイナーにとって一番大事なことは実務経験です。経験がないデザイナーはアルバイトから初めざるを得ない仕事ですが、実務が1年あると求人の選択肢が増え時給もあがります。未経験で入ったアルバイトでのWEBデザイナーが1年のうちに時給が上がったという話も聞きませんので、1年の実務経験を目安に派遣社員へと転職した方が給料面でもスキル面でも有利になります。

WordPressの構築経験が欲しい

必須条件ではありませんが、WordPressのテーマを自作してブログやWEBサービスを作れるレベルにあると派遣社員としてのスキルとしては申し分ありません。なぜならばPHPが読めるからです。

WordPressはPHPをベースとしたCMSです。独自コードが多いのでPHPが書けなくてもブログ程度ならば作ることが可能です。重要なのはPHPがどのような仕組みで動いているのかを理解できるという点です。

この経験があると派遣会社はWEBデザイナーの求人として大手のWEB製作会社やサービス開発会社のフロントエンドエンジニアとして紹介しやすい実業があります。

人手が少なくどの開発現場でも必要としている人材なので採用確率が跳ね上がりますし、給料もアルバイトとは比べ物になりません。

派遣会社の担当者と面接して仕事を紹介してもらう

マイナビスタッフ
マイナビスタッフ

派遣社員として最短でWEBデザイナーとして転職をするならばWEBやITに強い派遣会社の担当と面接して仕事を紹介してもらうことが一番早いです。

どのような仕事がしたいのかや給料面の交渉なども行ってくれますので、自分のスキルがどの程度通用するのかがわからない初めての転職ではおすすめします。

特にアルバイトから派遣社員になるときは自分のスキルを把握することと将来へのキャリアステップを確認するために一度WEBデザイナー専門のエージェントの意見を聞くこととをおすすめします。

マイナビスタッフ

WEBで情報収集してからエントリーする

まずは空いた時間で情報収集を行いたい、すでに何回か派遣社員の経験があるWEBデザイナーはWEBサイトに登録してどのような仕事があるのかを確認できます。
自分のスキルと求人がマッチングしているのかを自分で判断する必要があります。

インテリジェンスの派遣

インテリジェンスの派遣
インテリジェンスの派遣

転職の大手DODAを運営しているIntelligenceのTI・WEBに特化した派遣サービス。IT系正社員に特化したサービスやエージェントは多くありますが、派遣社員に限定してIT系に特化しているのことが特徴です。WEBサービスのみ登録して仕事を探すことも出来ますし、エージェントと相談してマッチングする企業を探すこともできます。アルバイトレベルのWEBデザイナーが派遣社員としてステップアップする時一番最初に使うべきサービスとしておすすめできます。

インテリジェンスの派遣

イマジカデジタルスケープ

v
イマジカデジタルスケープ

大手のWEBサービス開発の常駐デザイナーの案件を多く持っている印象です。私がいたWEBサービス開発のフロントエンドエンジニアもイマジカデジタルスケープからの派遣社員でした。リクルートグループのデザイナー案件も多く持っています。

ハタラクティブ派遣

ハタラクティブの派遣
【ハタラクティブハケン】

IT・WEBに特化したレバテックフリーランスなどを運営しているレバレジーズ株式会社が運用している派遣サービスです。正社員になることを前提とした紹介予定派遣であることが大きな特徴。正社員雇用率が80%も超えていてアルバイト経験しかない人のフォローも全面に押し出しています。アルバイトから派遣を挟んで正社員になりたいWEBデザイナーはハタラクティブを利用するとキャリアパスを描きやすいでしょう。

マイナビ派遣

マイナビの派遣
大企業で働きたい!スキルを上げたい!派遣のシゴト探しはマイナビ派遣

就職と転職の最大手の1つマイナビグループが運営する派遣サービス。派遣に特化したサービスですがスカウトがあるのが特徴です。WEBデザイナーはポートフォリオがあり実務経験があるとかなりの会社からのスカウトが殺到します。良い求人があれば転職してもいいかも…という段階のアルバイトのWEBデザイナーやブランク明けの人はとりあえず登録だけしてみてスカウトを待ってみるとよいでしょう。

アルバイトで1年以上の実務経験があるなら1つ上を目指そう

WEBデザイナーの実務経験が1年もあればバナーデザインや基本的なコーディングは心配なく任せられるレベルでしょう。派遣社員でのWEBデザインは1つレベルが上がるため保守作業からフロントエンドエンジニア・情報設計と仕事が多岐にわたります。現在1000円以下の時給でWEBデザイナーをやっているのであれば間違いなく給料も上がりますし、スキルも身につきます。

特に理由がなく現在の職場でアルバイトをしているデザイナーは将来的に生き残るために派遣社員にステップアップして、正社員やフリーランスを目指せる技術を磨いていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST