WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBデザイナーは企業からのスカウトを待って転職を有利に進めよう

WEBデザイナーのスカウト

転職は体力のいる活動です。ストレスもかかりますので期間は短いに越したことはありません。どのような企業に転職できる見込みがあるのか?今の自分の市場価値はどのくらいで年収アップは見込めるのか?転職するかどうかの判断材料を集めるのも仕事をしながらでは難しいです。

時間がなくて転職活動に踏ん切りがつかないWEBデザイナーの人はスカウト制度のある転職サービスに登録して置くと転職活動がスムーズです。

自分の年収の目安がわかる

転職サービスに登録すると主に2つからスカウトがきます。1つは転職支援のエージェント。もう1つは企業からの直接スカウトです。

転職エージェントからのオファー

転職エージェントからの面接オファーに掲載されている紹介できる企業と年収は当てになりません。彼らのゴールは転職エージェントの面接に呼ぶことがゴールなので、WEBデザイナーの経歴やマッチングなどを精査しているわけではありません。

しかし直接エージェントに登録して面接を希望するよりかは、エージェントからの面接希望の連絡に対応したほうが、スムーズに面接ができます。

彼らも転職成功の見込みがあるWEBデザイナーにしか連絡はしませんので、腕のあるWEBデザイナーは捕まえたいと思っています。転職エージェントを使うことを前提とした活動をするならば、ここでエージェント選びをすることもよい選択です。

企業からの直接スカウト

DODAからのスカウト

採用担当から直接スカウトは経歴やポートフォリオを見て会社にとって必要だという判断の結果、給料や待遇など添付してWEBデザイナーにスカウトを出しています。

書かれている内容と給料がその企業からみたあなたのWEBデザイナーとしての価値です。正社員はもちろん、派遣会社で数年WEBデザイナーの方でも高待遇で向かえてくれる企業はたくさんあります。

数社からのスカウトをみることで自分の市場価値、求められているポジション、業界の需要などのリアルな情報を手に入れることができます。色々な転職サービスを利用しましたが企業からのスカウトはDODAが一番多いです。デザイン制作会社だけでなく、企業のマーケティング部やデザイン部門なども多く求人を出しているのが原因かもしれません。初めてWEBデザイナーとして正社員を目指す、自分のレベルを知りたいという人にはおすすめできます。



求められているスキルを使うか、業界の需要を追うか

WEBデザイナーの転職には3つの方向性があります、1つは現在の仕事と同じスキルを求めている会社に入るか、2つ目はWEBデザイン業界全体で求められている仕事につくか、3つ目は自分のやりたい仕事を選ぶかです。

現在のスキルを求めている会社に転職する

転職成功率が一番高い方法です。今までと同じ仕事内容で給料を上げることができます。しかし求められる仕事の質は給料に見合ったものを要求されますので、現在の会社に就社した時から現在までの間でWEBデザイナーとしてのスキルが上がっていることが必要です。

スキルが磨かれていない段階で同じ給料・仕事内容の転職を数回繰り返すとジョブホッパーと呼ばれ企業からの信用を失う可能性がありますので注意してください。

市場が求めている仕事

フリーランスの求人を見ると現在のWEBデザイナーに求められているスキルを知ることができます。なぜならフリーランスの案件は企業が今すぐ欲しい即戦力のデザイナーだからです。多くの開発現場では社内では対応できない特別なスキルを持っている人を助っ人としてフリーランス募集します。

現在で多いのはスマホアプリのUIデザインや、WEBサービスのフロントエンドエンジニアです。

求められるのはHTML5 / CSS3 / javascripotを使ったユーザビリティの高いデザインとコーティングです。WEBサービス開発現場での仕事を経験している人は有利な案件といえます。

フリーランスは高単価故に即戦力が求められますが、転職で社内でデザイナーをするのであれば彼らよりはレベルの敷居は下がります。今デザイン業界はどのようなスキルを求められているのかを調べて、そのスキルを磨けるWEBデザイナーに転職するのは長期的に見て成功する転職といえます。

WEBポートフォリオをアップロードしてあるWEB系求人サイト経由で企業から直接スカウトが来て、それが自分の求める方向性と一致しているのならば話を聞いてみる価値はあると思います。

jQueryのフリーのライブラリのカスタマイズ程度のjavascrioptの技術でもフロントエンドエンジニアのスカウトがかかる場合があります。デザイン / HTML / CSS / javascriptの総合力が必要なデザイン業務ですので、高度なjavascriptを必要としていない場合もたくさんあります。

自分のやりたい仕事をする

WEBデザイナーが良い成果物を出すにはモチベーションが大事です。それを維持するための動機がWEBデザイナーとしての立場である必要はありません。

どんな仕事でもよいので憧れの企業に入りたいというのもモチベーション維持には最適です。そこの求人でWEBディレクターがあったならばWEBデザイナーのキャリアを活かして転職に挑戦するのもWEBデザイナーのキャリアステップとしては間違っていはいません。

個人の時間を重視したい人はフリーランスや常駐のスカウトをうけて週3回だけ会社に行くワークスタイルもあります。

スカウトは自分のWEBデザイナーとしての評価がわかる

企業から直接「このポジションを用意しました!面接来ませんか!?」というオファーの中には自分で選択肢になかったWEBデザイナーの仕事があります。

あまり興味がなかった仕事でも給料がものすごく高く設定されていれば家族を養うためにその職につくことあるでしょうし、特定の業界からの評価がとても高いことも分かります。

このように自分が企業からどのような評価をされているのか、どの選択肢があるのかを自分で探す必要がなく企業が情報を提供してくれます。

良い転職をしたいのでしたら、転職活動を始める前にスカウト制度のある求人サイトに登録しておくことをおすすめします。

数字が分かる実績・変わった経歴の人はヘッドハンティングの対象となる

特にフリーランスの人は自分の実績をWEB上のポートフォリオや転職支援サイトに登録することができるため、ヘッドハンティングの対象となります。ヘッドハンティングを受けると、企業の方から就職のお願いになるためデザイナーが有利に交渉を進めることが可能です。

WEBデザイナーやディレクターだからとヘッドハンティングされることを諦めていませんか。国内最大手のレイノスエージェントもデザイナーやディレクターのヘッドハンティングを行って

WEBデザイナーのスカウトが多い転職サービス

facebok連動WEB専門スカウトアプリswitch
Switch.

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST