WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

今からWEBデザイナーを目指す人のための業界生き残りマニュアル

WEBデザイナーのキャリアアップ

WEBデザインの業界は進化し続けているため常に勉強が必要です。新しいツールや言語、デザインのトレンドを追いかけなければなりません。WEBデザイナーは勉強をやめた瞬間に成長が止まり、キャリアアップをすることができなくなります。

現在でもスマホ用のデザインはコーディングができないベテランWEBデザイナーもたくさんいます。市場の成長に対して人材の代謝は良くないというのが私の印象です。

つまりやる気があり勉強を続けれ入れば数年でベテランを追い抜き業界の第一線で活躍することも可能です。むしろ変な成功体験がない若い人ほどそのポテンシャルが高いといえます。

現在成長が止まりくすぶっているWEBデザイナーも昔は将来有望なデザイナーでした。どこでつまづき失敗したのかをおさえつつ、WEBデザインの業界で生き抜くためのキャリアの積み方を提案します。

アルバイトでも構わない。とにかくWEBデザイン業界に入る

実務未経験の人はどのような手を使ってでもまずはWEBデザインの現場に入ることです。勉強時間は短ければ短いほどよいです。金銭的な余裕があるならスクールに通ったりオンラインスクールを使うのも1つの手です

スクールや独学で勉強したデザインの技術は必ずと言っていいほどWEBデザインの現場で勉強し直すことになります。勉強と実務とでは仕事の仕方が異なるからです。

ここで業界のルールや業界基準のデザインスキルを学ぶことが第一歩です。スクールや独学の1年間の勉強よりも仕事での2ヶ月の勉強の方が中身が充実しています。勉強時間をかけ過ぎること事態が長期的に見ると成長を妨げる要因にありますので、勉強を初めて半年以内にはアルバイトレベルになれるように頑張りましょう

1年の実務経験で派遣社員にステップアップ

アルバイトの期間は1年で十分です。仕事に慣れてきて会社にも愛着が湧いて離職しづらいとは思いますが、正社員雇用の打診がない限りは転職をしないとキャリアステップがそこで終わってしまいます。

すでにあなたは実務経験という素晴らしい武器を持っています。会社と給料を選ばなければもう仕事には困らないレベルです。

最低でもこの5つの実務経験を仕事で積んでください。Javascriptはフリーのライブラリカスタマイズで十分です。履歴書と職務経歴書で実務1年と書ける段階で、多くの派遣会社に登録します。

WEBデザイナーとして高い給料をもらい安定した仕事をしたいのであればアルバイトでの仕事からいち早く抜ける必要があります。 アルバイトのWEBデザイナーは業界の中ではまだ真

複数の派遣会社に登録する理由

派遣会社によって持っている求人案件が異なるため1つに絞ってしまうと自分の成長に繋がる企業や時給の高い求人を見逃す可能性があるからです。担当者によっては自分の能力以下の仕事を紹介される場合があります。採用確率が高く派遣会社の担当者のノルマを稼ぎやすいためです。初めて派遣社員の仕事をするときは複数の会社からの提案をもらい自分の評価を確かめることが必要です。

IT専門・大手・小規模と3つの派遣会社に登録しておけば色々な求人を見ることができるでしょう。スケジュールを上手く組めば1日ですべての派遣会社のアドバイザーと面接することが可能です。

もし失業保険を受給している人ならばこの1日で受給に必要な転職活動のノルマも達成できます。

派遣社員のWEBデザイナーの段階では給料よりもWEBデザイナーのスキルを磨ける職場に入るのが一番ですが時給は1600円以上を目指しましょう。

ディレクションやシステム開発が絡むWEB制作現場に入る

アルバイトのWEBデザイナーは楽天やYahoo!のショップのような専門的なWEB制作現場でないことが多く、チームとしてのWEBデザインを経験できる場は少ないです。

WEBデザイナーとして今後安定した仕事を得たいのであればこの段階から会社のネームバリューと職種が重要になります。個人的なおすすめはリクルート。

制作現場は激務ではありますがシステムエンジニア・SEO・マーケター・ディレクター・UIUXとWEBデザインからのステップアップの候補である職種はすべてそろっています。彼らと仕事をすることでWEBデザイナーの次の方向性が見えてきます。

私もフリーランスなどの立場でリクルートの制作現場と絡むことは多いですが、WEB開発現場としては日本でも有数の企業であることは当然で、予算も潤沢なので他では経験できないWEBデザインや開発の経験を積むことができます。

リクルートクラスの派遣社員レベルだと時給が2000円を超える案件もあり、月給が35万を超える仕事は普通にあります。

アルバイトとは雲泥の差の給与額です。ここで満足してしまう人が多くWEBデザイナーとしてのキャリアが終わってしまう人が多くいます。ここで甘えてしまうと数年後には仕事のできないWEBデザイナーに成り下がってしまいます。スペシャリストが多く集まる現場ですので、多くのことを勉強しましょう。私のおすすめはWEBディレクションとシステム開発の基礎を勉強することです。

システムエンジニアとコミュニケーションを取り、彼らの開発を促進させることができるWEBデザインやコーディングができるようになればそれは立派なフロントエンドエンジニアです。

WEBディレクターかフロントエンドエンジニアを経験する

WEBデザイナーとして次の段階に進むときに、2つの選択肢があります。マネジメント経験を積むか、技術で突き抜けるかです。

WEBデザイナーとして多くの経験を積むことで自分の特性がどちらに向いているのかの判断ができるレベルに達していると思います。

コミュニケーションが得意でWEBデザインを俯瞰してプロジェクト全体を動かしたいのならばWEBディレクターに向いていますし、現場で自分の手でデザインしてコードを書くことに魅力を感じているならばWEBデザイナー向きです。

もし現場が好きで自分の特定がデザイナー向きだと感じている場合はこの段階からJavascriptの勉強を始め開発現場のフロントエンドエンジニアになることで正社員としても需要も多くあります。

フロントエンドエンジニアもWEBデザイナーのように大きな枠があり、WEBデザイナーの出身のフロントエンドエンジンが最初に目指すのはPHPやJavascriptが読める限りなくシステムエンジニアに近いWEBデザイナーです。

WordPressのテーマを作ったりシステムエンジニアの書くPHPを読み解いて適切なHTMLを書いたりします。他にもデザインチームが作ったHTMLとCSSに簡単なjavascriptを書き、SEに仕事を投げる前に実際の動きを確かめるプロトタイピングを行ったりします。

スペシャリストかジェネラリストかを選ぶ

WEBディレクターにキャリアをシフトし、そこからIA(インフォメーションアーキテクト)、SEO(マーケター)、UXデザイナーとより深い専門職へのキャリアアップを選ぶことができます。

WEBデザイナーから専門職にキャリアを変えるとき注意してほしいことは、上流工程の職種が多く数字を見る機会が多くなるということです。WEBデザインを数字で分析するのが主な仕事になりますので、論理的な戦略の組み立てが得意な人に向いています。その中ではWEBディレクターは限りなくWEBデザイナー寄りマネジメント職といえます。

広く浅くでフットワークを軽くして全体の円滑に回すWEBディレクターもデザイン業界の中では貴重な存在です。その道を極めた人はWEB制作現場にはなくはならないオンリーワンの人材です。

WEBデザイナーやフロントエンドエンジニアからはUIデザインや設計を行なう専門的な方向に行くことがあります。

また実経験からデザインの感覚とコーディングスキルがあるためUXデザイナーにシフトする人もいます。ディレクターやデザイナーに留まる場合は後から参入してくる新人に追い越されないように質の良いアウトプットをする必要があります。

フリーランスで仕事ができるスキルセットを得る

WEBデザイナーを始めとした正社員に多いのが会社ありきの仕事の仕方をしてしまうということです。

例えばWEBディレクションなどの予算の組み立てや交渉が会社の後ろ盾がなければできない仕事の仕方をしてしまうと、会社から離れたら何もできない人材に成り下がっていたというケースは多々有ります。

大手のWEBサービスのデザイナーですらも仕事で保守作業しかしてこなかったためにWordPressはおろかまともなサイト設計ができないレベルで30代後半を迎えてしまった人もいます。

私達クリエイターは技術職です。チームの1員として高パフォーマンスを出すことと、独力でも仕事をすることができる2つの軸が必要です。このバロメーターの分かりやすい基準がフリーランスの求人案件です。

1ヶ月〜半年で75万から100万円で設定されている求人は高い確率で「今すぐ必要な即戦力」か「新規事業立ち上げの技術的なリーダー」の求人です。ぶっちゃけてしまうと自社にはそれができる人材がいないからフリーランスから調達しようという考えです。

その求人内容を見て自分がその仕事ができるかが1つの判断基準になります。

自分だけの独自スキルを持つこと

田舎の実家に変える、子育てをするために地方に行くという人もいるかと思います。地方でフリーランスは最先端の現場で細分化されたプロフェッショナルな仕事をしていた人ほどハードルが高くなります。

地元で仕事が見つからず週4で新幹線で東京の開発現場に業務委託という形で入るエンジニアやデザイナーもいるくらいです。

地方のフリーランスに求められることはプロデュースからディレクション、WEBデザインにいたるまでにすべてを1人でこなすスーパージェネラリストのスキルです。必要ならばDTPデザインや写真撮影の技術も必要となります。

将来を見据えて今何をするべきなのかを考えよう

WEBデザイナーから業界に入りこれからもWEBの業界で生きていくためには将来的にどのような仕事をしたいのかで勉強する内容が変わります。

業界を代表するようなスキルを持っていたとしても地方では需要がないこともありますし、何でもできるデザイナーはデザインの中に専門分野のチームではまったく機能しないこともあります。

立ち止まることもできない。けれども方向性は見据えておく必要がある。これがWEB業界で生き残るための秘訣です。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST