WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBデザイナーの将来を見失う、やってはいけない仕事

WEBデザイナーの将来

WEBデザイナーで終身雇用はないと思ってよいでしょう。最終的には培ったスキルを組み合わせて個人を売り出して仕事をしていくのがWEBクリエイターのこれからのスタイルだと感じています。

そういった状況にあるWEBデザイナーは将来性のある仕事をし続けることが大事です。まちがった方向性に進んでしまうと将来的にWEB業界で仕事をしていくことが難しくなります。

WEBデザイン市場の中で私が危険だと思っている一部の仕事がありますのでそれを例にWEB業界で働き続けるために何が大切なのかをまとめます。

現状のWEB業界で私が知る限りでもWEBデザインの中には将来に繋がる仕事と、そうでない仕事があります。

業務の1部として行なうべき作業が仕事のすべてになり、ルーティンワークになってしまうとWEBデザイナーの将来性を潰してしまうことになりかねません。

WEBデザイナーが所属する会社にもよるところが大きいですが、一度自分のしている仕事に先があるのかを再確認してみましょう。

デザインテンプレートの量産専門

テンプレートを量産するデザイナー
仕事のすべてがデザインのテンプレートの量産であるWEBデザインは絶対にやりたくありません。理由はデザインの薄利多売化が進みのクライアントに貢献できる成果を産み出すことができないからです。

どんなデザインでもよいので安くウェブサイトを作りたいという需要があるのは確かで、それに応えるマーケットがあること自体はよいことです。

しかしWEBデザイナーとしてこの領域で専門で仕事をすることは危険です。

一番のデメリットはWEBデザイナーにとって今後必要になってくると言われているマーケティング能力を使用することが業務が一切ないことです。

クライアントのコンセプトもなくただ綺麗なデザインができる能力というのはPhotoshopなどのツールの使い方の能力であってデザインスキルではありません。

このような現場に長年いるとWEBデザイナーとしての能力が失われて、すべてが似たり寄ったりのデザインになり、クライアントとのコミュニケーションすることができなくなってきます。

私の知り合いの現場のWEBデザイナーはコーポレートサイトを作るときに「クライアントの会社は見たくない、失望してインスピレーションが沸かなくなるから」と言います。

クライアントのことを理解する必要はなく、自分の好きなデザインがクライアントの最大利益になると本気で信じているWEBデザイナーです。

しかし面白いことに、自分の引き出しの中にあるデザインテンプレートを使用するので、見た目は綺麗で納期が早くクライアントからの初期評価は高いことが多いです。

しかし運用段階になったとき高確率でリニューアル前のWEBサイトよりもコンバージョンが落ちるため修正依頼が殺到します。

しかしテンプレート量産型のWEBデザイナーはマーケティング能力が欠落しているため、WEBディレクターの意図を読み取ることも難しく、修正案はことごとく見当はずれであり、クライアントとの信頼関係の構築が難しくなります。

このようなWEBデザイナーはチームに所属することができません。ディレクターのいる現場に留まれているだけまだ有能なテンプレートデザイナーです。

デザインテンプレートの量産専門のWEBデザイナーは出来上がっているパッケージを売るビジネスのためクライアントの最適化も必要なく、マーケティングスキルが磨かれないため殆どのWEBデザイン現場にとって使いにくい人材であるのと同時に将来性のない仕事です。

時代が進み技術が通用しなくなったとき、そのWEBデザイナーは終わりを迎えます。

WEBデザイナーが組織の歯車の1つ

組織の歯車のデザイナー

もう1つのパターンはWEBデザイナーが歯車として使われている制作現場です。大手のWEBサービス開発の現場ですらWEBデザイナーがデザインしたものがどう使われたのかわからないということがあります。

様々なデザインや相談がWEBデザイナーの元に来るために仕事をしている充実感はありますが「デザインをしているだけ」です。

テンプレートWEBデザイナーよりかはマーケティングやディレクション能力が磨かれますが、自分の仕事の結果を検証しないことにはデザインが成功しているのかを確認することができません。

WEBデザイナーが成長するためにはクライアントやディレクターとのコミュニケーション能力とデザインに対するPVやCVRの分析や改修提案能力が必要です。

数百人規模の開発現場であっても自分が作ったものに対してのリターンが返ってこない、改修案件がない、分析することができない環境で働くWEBデザイナーも将来的には仕事を失う可能性が高くなります。

もしこのような仕事をしているのでしたら制作現場が構造的にWEBデザイナーが成長できない環境になっているためWEBデザイナーが上流工程に絡めるように職場の改善を行なうか、新しい環境を求めて転職をするかの2択です。

WEBデザイナーは技術でなく人としての価値と立場が重要

WEBデザイナーにとって狭い技術を磨くことは危険性をはらんでいます。技術革新によって自分の技術が通用しなくなった時点で仕事がなくなるからです。

技術に特化していると思われがちなフロントエンドエンジニアの人も、成功している人は必ず結果を分析して改修するPDSCサイクルを回しています。

技術的にフロントエンドエンジニアという仕事がなくなったとしても分析能力・提案力の経験値に価値があるためWEB業界で新しいポジションにつくことができます。

WEBデザイナーは自分の商品価値をデザインの技術のみに置くことはこれからのWEB業界においては危険です。WEBデザイナーは仕事の繋がりでディレクション・SEO・マーケティング・UI設計・UX設計など多くの技術を学ぶことができます。

居心地のよい職場環境に甘えることなく、自分にしかできないスキルセットや経験を積みあげることで自信の商品価値を上げていくことがWEBクリエイターとして将来性のある仕事のあり方です。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST