WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBデザイナー

ウェブデザイナー

ウェブサイトをデザインするデザイナー。主にPhotoshopで画面やボタンのデザインを行う技術者をことを指します。

以前はデザイナーはデザインのみでHTML・CSSなどの言語を使用したコーディングを行うコーダーと分業されていましたが、現在はほとんどのWEBデザイナーがデザインとコーディングを行えることから、「ウェブサイトのデザインをしてコーディングができる人」というのが業界の認識になっています。

さらにウェブデザインの多様化が進み、UI設計を専門とする人、スマートフォンデザインを専門とする人、javascriptと組み合わせて動的なウェブサイトを作れる人など、WEBデザイナーと一言で表すにはできない状況です。

WEBデザイナーと呼ばれるために最低限必要なスキル

独力でWEBサイトを制作できることが最低限必要で、アルバイトから正社員までほぼすべてのレベルのWEBデザイナーは最低限上記のスキルを有しています。

WEBデザイナーの技術を持つ他のデザイン職

UI・UX設計者やフロントエンドエンジニアはWEBデザイナーがのステップアップ先としてWEBデザインスキルに専門的な技術をプラスした職で、WEBデザイナーの中でも上位に位置するという評価をしている企業が多くあります。WEB
ディレクターもすべてではありませんが、WEBデザイナーのスケジュール管理やクオリティコントロールを行うたまめWEBデザイナーからのキャリアアップでディレクターになるケースが多くあります。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST