WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBディレクター

ウェブディレクター

WEBサイトを制作するときに、企画・設計・コンセプト・スケジュール管理・運用を行いプロジェクトが滞りなく進行するように調整するのが主な仕事です。

WEBデザイナーのように自分の手でデザインすることは少なく、ウェブサイトを受注する際にクライアントと打ち合わせをして仕様やコンテンツ内容などを決めます(要件定義)。それをWEBデザイナーに正確に伝えて、制作指示をしたり出来上がった成果物のクオリティのチェックなどを行います。

他にも出来あがったウェブサイトの運用の管理を行ったり、必要になれば成果を上げるためにWEBマーケティングを行い広告を出したりSEO対策をおこなったりします。このときも基本的には自分の手では行わずに広告担当に指示をだしたりSEO担当に指示をだすなどの調整が主な仕事です。

WEBディレクターはそれぞれ自分の得意分野を武器にする

WEBディレクターはプロジェクト全体が上手く回るように関係者すべてとコミュニケーションをとります。WEBサービスのディレクションを行うならば渉外でクライアント、渉内でWEBデザイナー・システムエンジニア。企画・営業などです。よってWEB制作現場での経験がない人はWEBディテクターになることはできません。かならずどれかの経験があります。その上でWEBディレクターにステップアップします。

おおまかにわけてこの4つです。それぞれが得手不得手があり、WEBデザイン出身のデザイナーならばデザイナーの作業工数やスケジュール管理・コミュニケーションは完璧ですがクライアントとの交渉は苦手です。逆に営業出身のWEBディレクターは渉外は完璧ですが、社内折衝で問題が発生する可能性も否めません。

それぞれが自分の得意分野に柱をたてて、わからないことは勉強してWEBサイト制作の潤滑油になることが仕事といえます。
WEB業界としたは業界の経験者であることと、マネジメント能力が問われることから一般的なWEBデザイナーよりも給料が高い傾向にあります。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST