WEBデザイナーが教えるクリエイティブ系への転職情報サイト「WEBデザイナーズナビ」

Webデザイナーズナビ 〜デザイナーの転職・スキルアップ情報 〜

WEBプロデューサー

ウェブプロデューサー

ウェブ制作における最高責任者です。企画を生み出してそれを達成するために予算管理・外部内部折衝・クオリティコントロールも行います。WEBディレクターと混同されることもあり、事実としてWEBディレクターが実質的なWEBプロデューサーとしてプロジェクトを動かかすケースも有ります。

大手企業の大きいプロジェクトになると、1つのプロジェクトに複数人のWEBディレクターが入ったりクライアントのステークホルダーとの折衝がWEBディレクターの権限外であることもあります。そういった際にWEBディレクターをまとめ上げたり、チームを代表してクライアントとの交渉を行うのがWEBプロデューサーです。

ウェブサイトを立ち上げる際の企画・コンテンツの策定からリリース後の運用や改修案件などのすべてを俯瞰的に見て全体をコントロールします。そのために常にウェブコンテンツのトレンドや最新技術をキャッチアップする必要がありますし、問題が発生したときに具体的な解決案を出すために、サーバー等のインフラの知識から、システム・SEO・デザインすべての人材とコミュニケーションが取れるだけの現場の知識が必要です。

「何をするか」を常に決める仕事です。サービスを立ち上げるのであればどのようなサービスを立ち上げるのかを決め、改修をするのであればSEOをするのか、広告をうつのかを決める。このようにプロジェクトの舵取りを行います。

当然WEBデザイナー・ディレクター・システムエンジニアのどれかの経験は必須であり、コミュニケーションとマネジメント能力が問われます。

スポンサーリンク

Desingers Navigator

アルバイトWEBデザイナーから始まり派遣WEBデザイナーを経て、大手企業正社員WEBデザイナーへ。その後WEBディレクターになりUI・UXの専門に。現在はフリーランスのWEBデザイナー / ディレクターをしています。

関連記事 / RELATED POST